読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

久しぶりのガンシカに動揺・・

ストリート

 

本日も晴れなのでストリートへ。

平日は勉強にあてるべきか、

実戦にあてるべきか迷うところです。


なんせ、人がイナイ・・・。

でも街に出るクセをつけるのは大切だと思っています。

 

<結果>

2時間半の活動、3声掛け。

1エルゲ、0即、0連れ出し。

 

<1声掛け目>

飲み屋の前で待ち合わせ?していた

キャバ嬢へ声掛け。ガンシカ。


私とその女性しかいなかったのに、

イヤホンつけていてガンシカ。


崩しにかかろうとしたときに、

少し自分の特徴がわかった気がしました。


・最後までやり切っていない。

 ⇒そこまでするほどの女ではないと

  思ってしまい、崩す気が失せる。


・ガンシカされると自分の声が震えていた気がする。

 ⇒試したいガンシカ崩しがあったのに

  「顔見てからシカトってひどくない?」

  といつものフレーズを震えながらしゃべっていた。

 

歩きに歩いて1時間、ようやく見つけた女性に

ガンシカをされると動揺していた自分がいました。

 

ストリートでイヤホンしている人を見ると、

よくそんなことできるな、無防備すぎと思います。

いきなりなにで後ろからやられるか、

わからない時代なのに・・。

 

<2声掛け目>

駅構内で看板の広告を見ている女性に声掛け。

低反応。「あ、はい。」とペコペコ

うなずきながら距離を取っていく感じ。

 

これもまた雰囲気が良かっただけで

そんなに大したことはなかったので粘る気が失せる。

 


<3声掛け目>

追いかけて距離を詰めていくときに

コンビニへ入られる。自分もコンビニへ入る。


で、出待ちをすることにした。

出てきて駅へ向かう最中に声掛け。


反応が良く、エルゲできました。

ただ、もう少し粘ったら連れ出せていたのではないか?

と感じました。

 

エルゲ時にほとんどグダはなく、

「明日早いから」

と一回言っていたのみで、立ち話もしてくれて

行動は帰りたいようには見えなかったからです。

 

ここが反省点ですね。連れ出しにこだわらなければ。

 


<反省点>

・最後までやりきる

・連れ出しにこだわる

 

<良かった点>

声をかけたいと感じた女性には

すべて声をかけたこと。

 

 

今夜のことではないですが、

キョロキョロしながら歩いていたら

汚物を踏んでしまいました。


集中力もかなり使うゲームですね、笑