読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

再スタートします


勝ちグセをつける。

感覚を忘れないうちに技術を身につけたいと感じて

お隣の県へまた遠征に行きました。

 

4時間の活動

声掛け数は6程度。声掛けのペースとしては

30~50分/1人。

番ゲ0、連れ出し0でした。

 

GW最終日の前日だからか、

人は多かった印象。ただしターゲットは少ない。

 

低反応が多く、かわいい!というよりも

「まぁコイツでいいか」といったレベルの女性が

目立ちました。


良いと感じたのは2人くらいでした。

ずば抜けて良い女性は、ひとりで行動していることが

多い気がします、笑


<1人目>

買い物後に自転車で

立ち去ろうとしていたところに声掛け。


話を聞いてくれるも

「知らない人だから」グダを崩せず、終了。


いまは帰省中とのことでしたので、

普段生活している街(に私が遠征したときに)見かけたら

もう一度声かけさせてね、と伝えて別れました。

実はかなり近い年齢でした(そんなに若くはない)ので、

反応が良かったのかもしれません、笑

 

<2人目>

歩いているところを

Uターンしてから追いかけての声掛け。


気まずそうな笑顔で会釈しながら徐々に

避けていくパターン。

 

人と人(あるいは建物)の間の、そんな狭いスペースに

逃げるように入っていかなくてもいいだろ、

と突っ込めば良かったですね、笑

 

かなりかわいかったですが

微妙に好みではないので、まあいいかと。

 

<3人目>

背が高くモデルのようにスラッとしていた女性。

Uターンして追いかけての

声掛けをしようとしたところ、

 

まだ私が後ろにいるときに

バッグからサングラス取り出してかけていました。

 

前から見たときは確かに

目がかわいくはなかったです、笑

カッコよく見られたかったのでしょうね^^

 

この女性は、結局はガンシカで

崩すことはできませんでした。

 


鼻に少し大きめのホクロがありましたので

「鼻のアタマに鼻クソついてるよ」

 

とでもイジッてやればよかったです^^笑

 


<反省点>

・ガンシカや低反応のときに

 あとひと言、ふた言粘れるように

 練習しないといけないと感じました。


・ガンシカされたときに、少し自分がイラッと

 しているのを感じましたし、同時に、

 自分の声が震えているのがわかりましたので

 対ガンシカ戦においても経験を

 もっと増やしていく必要があると感じました。
 


<良かったこと>

・女性とトークする機会を増やすためだけに

 遠征するという選択肢をとったこと。


・現地の女性とのトークで、

 近辺の良い店の情報を得られたこと。

 


連休が終わりますね!

この連休は、わりとナンパのみに

費やせたかなと思います^^

 

成果という成果は、

たまたま連れ出しやすそうな女性を

連れ出せたくらいです。

 

同時に、ナンパをはじめてから、

ためてきた連絡先をすべて失いました(返信なし)。

期間にすると約2ヶ月の活動で得た連絡先ですね。

 

「即」の大切さを実感できました。

そして、肉体は日々劣化していきますので

「今が一番若い」ということも実感できました。

 

再スタートですね!

・声掛け技術の向上

・積極的なギラつき

 

を意識して、活動していきます^^