一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

ダサい姿は見せない

 
「〇〇 city に声かけに行こうと思うんですけど。」


先週、私のケイタイにメールが届きました。


「え?」


と思ってよく読んでみますと。

ナンパをはじめようとしている後輩が

ついに街に立とうとしていました。

 

私はその街について活動エリアなどを伝えましたが、

後輩は人の多さ(ただし女はかなり少なかったそう)に

圧倒されたようで何もできなかったとのことでした。

 

そして、我が地元の繁華街でも

ひとりで声かけができるようになってもらいたく

一緒に出撃することにしました。

 


<結果>


1時間半の活動、2声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<上陸するまで>


私はなんと難便(なんべん)により

30分近くトイレにこもってしまい、

平日の貴重な時間を無駄にしてしまいました。

 

いまさら、繁華街へ行ったところで

街は終わりに入る時間帯・・なので

その後輩へ出撃中止の連絡をしました。

 

ところが後輩も私と同じくらいの時間に

なりそうということで発言を撤回、

繁華街へ上陸することとしました。

 

いつもより1時間近く遅れての上陸。

 

私なりの活動の仕方を現場で伝えていこうと思い、

それだけでも行く意味があるかなと考え、

行くことに決めました。

 


まずは目的地から教える。

後輩は地元ですがホテルの位置を知らない

ということで

各ホテルの位置について

説明しながら歩いて回ることにしました。

 


そこに女性が一人通りかかる。

 


<1声かけ目>


やたら歩くのが遅い女性。

「あの女性に声かけに行きましょう」

と私。

 

しかし後輩はためらっているようで

私の声かけを後ろから観察することに。

 

私が女性のほうへ歩いていくと

女性がいきなり振り返る。

 

来たか!

 

いきなりの方向転換。

もうこのテの動きにはためらわない。

 

向こうが私を認識した瞬間に

迷いなく言葉を浴びせていく。

声かけのタイミングは上出来です。

 

しかしそこまで粘りたい女性ではなく、

女性ももうバスで帰るとのことで

追わないことにしました。

 


<2声かけ目>


今回はやたら女性が多い。ありがたい。

歩いていると二人組の女性を発見。

 

「あれ、行っときましょか。」

 

と後輩を誘うも、ここでも後輩は

 

「いや、二人組なんて・・」

「後ろから見ています」

 

とのことで私が一人で声かけ。

声をかけてみますと、二人ともなかなか悪くない。

 

しかし立ち止めできず、連絡先を打診するもダメでした。

 


<良かった点>


・私自身最近は体重が増えているため、

 街に立って歩き、体を絞ろうとしたこと。


・変な動きをする女性にうまく声かけできたこと。


・逆3声かけが勢いよくできたこと。

 

<向上点>


セリフがいまいち出て来ていないです。

教える側の私自身、基本ができていない。

 


<私の思い>


後輩には、

「声かけをすると決めたのに、声かけをしない人」

になってもらいたくはなかったので、

そうなってしまわないように

私の行動を見せることができたかなと思っています。

 

・当初、出撃すると決めていたのに

 思わぬ体調不良により出撃を一瞬取りやめたが、

 やはり出撃した。


→やっぱり取り消し・・なんて行動を最初に取ると

 意志の弱い人間になってしまうと思いますし

 今後声をかけることができない人になりそうです。

 かつ、自分はダメな人間だと思い込むようになってしまうので

 そういう背中を見せないように気をつけたつもりです。

 

・声をかけたいと思ったときに声をかけるようにした。

 たとえ相手が二人組でも。


→これも気になった女性がいるときは

 ガンガン楽しく声かけをしに行くようになってもらいたく

 声かけている姿を見せました。

 失敗しても笑顔でいることができました。

 失敗するのがダサいのではなく、声をかけに行かないのが

 ダサいんだと感じてもらえるとありがたいですね。

 

 

他にはマインドなども語りながら歩いていました。

 

しかし、最低限、連絡先くらい

あっさり交換しているところを見せられるように

ウデを上げておかないといけないですね。

基本をしっかり身につけていきます。

 

巻き返せない

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


約6時間の活動、約30声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先1。

 

<連絡先ひとつ目>


わりと好みの女性に声かけ。

これからバイトとのことで仕方なく

連絡先打診をする。


ニコニコしているが、拒否の連続。

で、何とか連絡先を入手できました。


しかし既読スルーで終了。

ラインは難しい・・。

 

<連絡先入手ミス>


ちょっと動きが遅いかな?

という女性に声かけ。

やはり道に迷っていたようでした。


で、道案内して連絡先交換を打診するも、

最近あまり連絡先交換をしていなかったので

うっかり交換未遂に終わりました。

登録してもらえなかったのです。

 

まあこれは楽しませ不足なだけです。

楽しませていたのであれば

きちんと登録してもらえるはずです。

 


<無視崩し>


声かけた瞬間に回避されて

追い打ちの無視崩し。

久しぶりにうまくできました。


が、女性は予定があると言い、

急いで逃げていきました・・

 


<良かった点>


・好みでない女性で反応が悪い場合は、

 早めに切ったこと。


・声かけする女性の範囲を広げたこと。


・無視を崩したこと。


・女性と歩く速さを合わせることを

 意識できたこと。

 


<向上点>


・インナーの色攻めすぎたこと。

やはりここの可能性が高くなってきました。

1か月前の秋ファッションと比較して

明らかに反応が悪いです。

そういえば年始も同じカラーリングで

反応は良くはなく、苦しかったです。 

服を扱いきれていないという感覚。

服のパワーに飲み込まれている。

逆ナンパの来たカラーリングなので
 
その栄光を捨てきれていなかったです。

ということで

無難な配色のインナーを調達しました。

次回また仕切り直しです。

 


・声かけを覚えていないこと。

セリフが出て来なくて

色恋寄りのセリフを言ってしまったこと。

情けない・・自滅です。

反応が悪いときの巻き返しが下手すぎる。

声かけが単に下手なだけということですね。

 


<頭を冷やす>


非ナンパ師のモテる先輩から

久しぶりに電話がありました。

不倫の泥沼にハマッているようで。

 

自慢話をしてくれて

私も楽しく話を聞いていましたが、

すごいとは感じませんでした。

 

女性との出会いから時間をかけすぎですし

普段私が当たり前の感覚で頭に叩き込んで

いることだったからです。

 

私であれば

連絡先を聞かざるを得ない状況以外は

すべて1発勝負でいく。

失敗しても連絡先は聞かない。

 

デート等で、失敗とはいわないまでも

次回に持ち越しといいますか

女性から駆け引きしてきても切る。

 

女性から駆け引きなんてさせないくらいに

強くなりたいので、失敗を強く

体に染み込ませるためにそうします。

 

・・・

 

ただ唯一悔しかったのが、その先輩が

私と同じかそれ以上のペースで

20歳前後の女性を手に入れていっていること。

私はその年齢幅の女性をまだほとんど

手に入れていない。

 

会社では自分の周りには

見事に男しかいないですし、ここ何年も

会社の人と合コンではないような男女複数で

遊びに行くみたいなことをした記憶がないです。

 

しかし私の周りには一緒にそういうことを

楽しめそうな同僚はいないので、やはりナンパしかない。

視界に入った若い女性を確実に抱けばいいだけです。

 

現状、地元の繁華街ではほぼ見かけないので

時間帯や場所をいろいろ考えて活動していく

しかなさそうです。

 

それにしても、いつから

嫉妬全開の人間になってしまったのだろうか。

・・・わからん。醜い!!

 

ま、とりあえずまた

新しい戦闘服の感触を確かめに

行きますか。

 

低反応への恐怖

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


約9時間の活動、約15声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先0。

 

<好みの女性が見つからない>


今回の活動は終始これに悩まされました。

声かけはいつも幅広く狙っていきますが、

それでも声をかけたいなという女性が

全くといっていいほどいない。

 

 

しかし本当にそうなのか。

 

 

いくらなんでもこの人の多さで

好みではない女性ばかりのわけがない。

答えが何となくわかってきた。

 

 

なんとなく低反応になりそうな女性を

私は無意識に避けているという

気がしてきました。

 


女性が全員好反応だったら?

おそらく文句や言い訳を私はしていないはず。

 


あーあ。

 

 

まだまだじゃないか。

全然低反応に慣れていない。

低反応を怖れている。

 

となってきますと、

低反応を怖れているのは

今回たまたまか?それとも普段から?

 

普段からだと思います。

キャバ嬢ふうの女性をなんとなく

避けているような気がしますし。

 

次回より恐怖心の克服を意識します。

 


<低反応にイライラ>


そして今回の低反応は特にイライラしました。


「今すぐ消えて」

「ひやあ」(マジな顔で悲鳴)

 

おいおい・・声かけた女性より私のほうが

真っ当であると断言できるくらいなのに

害虫扱いにイライラ。

 

悲鳴とか、わりとヤバい女ですね。

まあ顔つきからしてヤバそうでしたが。


 

普段ですとここでイライラが

パワーに変わって声かけの勢いに

変わっていきますが今回はダメでした。

 

粘るほどではない女性に対しても

追い打ちをかけるように巻き返しに

いこうとする癖を無くすよう心掛けます。

 

 

<雑談>


今回見かけた女性でやたらかわいいな、

と思った女性と雑談できました。

 

日本人だと思っていたのに

女性が言うまでは外国人女性だと

気がつきませんでした。

 

この街で見かけたこの国出身の女性は

今のところハズレ無しです。

 

しかし友人との待ち合わせとのことで

遅らせるとマズイかなとまた思ってしまって

予定を遅らせるという意識が

途中から欠如していました。

 

トークも女性により伝わりやすい

言葉を選んだり、もっと良い切り返しが

できなければいけなかったです。

 

<良かった点>


・体をいたわって休み休み活動したこと。


口内炎が痛くて喋りたくなく

 何もしたくなかったが街に来たこと。


・足で出会いを稼ごうとよく歩いたこと。

 


いや、今回は

ホントよくがんばったと思います。

口内炎に涙流しながら寝ます。

 


<向上点>


・無駄な間食をしてしまったこと。

→食べれば流れが変わるのでは?

 と思って食べてしまった。

 縁起が良さそうな見た目なので。

 

 しかし変えなければいけないのは

 流れではなく受け止め方、捉え方です。

 神頼みするには、まだ早い。

 

・声かけて良いレベルの低反応そうな

 女性に対して声をかけにいく。

 

<不調なときは放置せずに>


良くないときも、

うまくいったときも、


そこから何か得られるものはないか

しっかり考えていきたいところです。

活動回数が少ないので

1回1回を無駄にすることのないように。

 

2秒

 
ストリートに行ってきました。

地元での活動です。


<結果>


100分の活動、1声かけ、4見送り。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<風邪をひかないように>


本当は前の日に出撃しようと思っていました。

しかし昼寝から目覚めた後に、ほんのり

頭と喉がイタイ・・風邪か?

 

これはイカン。

 

ただでさえ台風の影響で都会遠征が

2度も流れているのに、ここで風邪を

こじらせるとまた遠征が流れてしまう。

 

都会へ行くには

超早起きしないといけないので

冬場は特に体力を使う。

 

ということでこの日は

葛根湯とマヌカハニーを飲み

さっさと寝ることにしました。

 

この冬は風邪やインフルで

寝込まないようにして、喉も痛めないように

気を配ることが健康面での目標です。

 


<見送り、1人目>


繁華街の駅に超近い新しめのビジネスホテルが

使えるのではないか?と気になって調査をしてみました。

まあ地元なので私は使わないでしょうが。

直接エレベータで客室へ行けそうな感じ。

 

これは。

 

カフェバーも建物内にあるので

腕があれば楽しめそうだ・・・

 

などと考えながらホテルから出た瞬間、

目の前からそこそこの女性が!

 


・・・2秒だ。

 

認識してからすれ違い終わるまでが2秒。

女性はホテルの中に消えていきました。

 

これはとんだ失態だ。

 

女性はおそらく出張で来ていて

仕事が終わってホテル自室へ戻るところ・・

こんな最高のチャンスを見送るヤツには

運など見方しない。

 

ステマティックに動け。

とりあえずビジネスホテルに出入りする女は

すべて撃墜するのみ!!

 


<見送り、2人目>


これは横断歩道でのすれ違い。

私は歩きスマホをするのが嫌いです。

 

歩きながらスマホをイジるのってださいと思いますし

危ないし、そんなことをしていたら女を見落とします。

というか実際にスマホ見ていて見送ってしまいました・・

タイミングを逃してしまいました。

 

暗かったので雰囲気しかわからず、

雰囲気ではNG気味かな?と思いきや

近くで見ると「可」でした。

 

悪くはないのですが、

私のが起たなそうでしたので

追わないことにしました。

 


<見送り、3人目>


これまたギリギリもギリギリ、

雰囲気ではなんとかできそうかな?

という女性を発見。


しかし私が近づいたときに

いきなり方向転換しました。

近くで見ると微妙でしたので追わず。

 

ちょくちょくこういう

いきなり方向転換する女性がいますので

自信を持って声をかけに行けるように

イメトレやセリフなど考えておきます。

 

<見送り、4人目>


駅構内のベンチに女性が座っていました。

しかし周りにも2人ほど女性がいます。


顔をしっかり確認できなかったですが、

まあ悪くないかな、という感じでした。


ここはアウェーではなくホームですので

豪快な声かけは謹んで安全にいこうと思い、

声をかけるのをやめました。

 

<1声かけ目>


雰囲気まあまあの女性を発見、声をかける。

ところが近くで見ると、うーーん・・。


出勤前のラウンジ嬢だそうで。

店来てくれと言われたので

もういいかと思い解散。

 

まあ、ただの食いつき不足ですね。

たった3、4分のトークでしたが

深堀りしていけなかったです。

 


<良かった点>


歩く時間が多かったですが、

ちょくちょく姿勢を意識して歩いたこと。

新しい戦闘服で自信を持って歩いたこと。

 


<向上点>


・見送りを減らせるようにシステマティックに

 行動するパターンを自分の中でリスト化していく。


・立ち止めしなきゃと思いながら

 立ち止めしようとしなかったこと。これはダメ。

 


<出撃回数を増やす>


2週間近くも間があいてしまうと

やはりトークをかなり忘れている。


歩くと健康にも良いので

体型維持のためにも寒くなっても

頻度上げて出撃していきたいです。

 

完全沈黙


私がナンパ活動を始めるまで

よく一緒に遊んでいた同僚より誘いがあり

合コンに行ってきました。


<結果>


5-5の飲み会。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先数未確定。


<内容>


男1列、女1列に座る。

完全に個室なのはいいが・・・BGMが全くない。

 

昔一緒によく合コンに行っていた

モテる先輩はみんな結婚してしまったので

男側はオクテなメンバーばかりだ。


だから私は「余裕」だと思っていました。

都会の最前線で活動してきた実力を見せてやる。


ところが・・・


・女の話に対して別の女の相槌が速い!


・男側の出す話題に私は知識がなく

 全くついて行けない


・BGMが無く、よく喋る人がいないので

 ところどころ葬儀みたいな雰囲気になっていた

 

という情けない流れで

完全に私は沈黙してしまいました。

1対1のトークであれば、ある程度まで

踏み込んでいくことができますが、

 

合コンのような複数人で盛り上がるためのトーク

全く準備できていなかったことに

終盤になってようやく気付きました。

 

合コン終了後はライングループを作る、

という、これまた良くない流れ。

 

私に気合いが十分であれば

個別に交換をしていくしその後も

1対1デートを打診していきますが、

 

そこまで手に入れたい女性もいなかったことから

流れのままにいき、ライングループを作って

解散となりました。

 

その後は久しぶりに集まった男性陣でお茶・・

に行きたかったですが、夜の店に行くような

雰囲気になってきたので

私はその場をあとにしました。

 

・・・


・・・

 

だがこのまま帰るわけにはいかない。

普通の男であればここで終わりですが、

私には声かけがある。

自分好みの女性に声をかけることができる。

 


街はまだ終わってはいない。




まだ時間はある。





行くぞ!!これからが本領発揮だ。

 



<結果>


2時間の活動、2声かけ。

抱いた数1、連れ出し1、連絡先0。

 

<1声かけ目>


飲み会が終わってとりあえず駅方面へ

歩いていくことにしました。

 

駅に近づくとなかなか悪くない

若々しいファッションの女性を見かけたので

ケイタイを触るフリからの正面声かけ。

 

しかし女性は近くで見るとそんなに

大したことがなく、しかも他県から来たようで

これから男と待ち合わせとのことで

追わないことにしました。

 

<2声かけ目>


そしてしばらく歩いていますと、

背が高めの女性を前方に発見。

追い抜きざまに声かけを行う。


女性はこれから一人で飲みに行くとのことで

だったら・・・、と連れ出す。

 

私はクルマを運転しなければいけないので

飲めなかったのでコンビニで飲み物を買い、

10~15分ほど立ち話をしました。


で私は飲み物を飲み切ったので

仕掛けに行く。

 

移動を提案する。

行き先は言わずに繁華街(ホテル街)

の方向に向かっていきます。

 

すると女性は承諾。

 

「どこ行くの?」と聞いてきたので

お決まりの切り返しを使い、

多少ゴネられましたが

ホテルに入ることができました。

 

私はノリの良い人間ではないのに

実際直前の合コンでしくじっていたのに

ストリートではノリ寄りのクロージング

だったような気がします・・

 


最初は地元ですぐに抱けるという想像が

なかなかできませんでしたが、

最近は当然のごとく想像できていたので

うまくいったのかもしれません。


 

<良かった点>


・諦めずに声かけを行ったこと。

・覚えていた切り返しをたくさん使い

 テンション落とさずにホテルへ行けたこと。

 

<向上点>


1対1だろうが複数人だろうが

素早く鋭い切り返しができるように

経験や学習を積んでいきたい。

 

<もうナンパ師と言えそうです>


ナンパ以外で抱いた数に

ようやくナンパで抱いた数が並びました。

あっという間ですね。


ナンパは素晴らしいですね。

 

今回はある意味ラッキーパンチでしたので

もっと何でもない普通の日に抱けるように

実践と学習を重ねていこうと思います。

 

社内で

 

職場で見知らぬ女性社員に声をかけてしまいました。


<結果>


1分の活動。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<内容>


建物へ入る際に、私より先に

入ろうとしていた女性が落とし物。


落としたことを伝えるために

声をかけました。


・・・


ところがこのナンパでもないただの声かけで


・すみません、

・あのー、

・なんか、


という自分でも言わないよう注意している

3つのNGワードを言ってしまい、

がっかりしてしまいました。

 

まだまだとっさの対応で弱いところが出る。

引き続き注意していきます。

 

 

 

期日前投票


役所へ行ってきました。

先日パスポートを更新したときも感じましたが、

要所要所、パッとしない多数のスタッフの中に

やたらかわいらしい女性がいる。

 

声かけは不正などではなく清く正しい行為ですが、

これだけ監視の目があると何もできない。

 

私は会社帰りで制服を着ていましたし

下手したらすぐに会社に伝わり懲戒処分。

最近はすぐに懲戒処分となる。

 

それはさておき、

この女性は私が手に入れ損ねた女性に

7割くらい似ていましたので

すぐに昔を思い出してしまいました。


また、気合い入れて活動していかなければと

身の引き締まる思いがしました。

 

疲れ果てるまで声かけしたいと思う


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


夕方前に約1時間、夜約2時間の活動、約15声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先1。

 

<胸が痛む>

 

行きの便でギリギリ

乗り遅れた女性がいました。

出発後に走って追いかけてきている。

 

だがこのバスは容赦ない。

皆の安全を考えて乗り遅れた者は

容赦なく見捨てる。

 

我が県の電車は多少遅れて

駆けつけてきても乗せてくれていて

あたたかいと思っていましたが

バスのほうは容赦ないようです。

 

 

昔、デートで船に乗る予定が

私が時間配分をミスして

出港直前の船を目指して走って行き

ギリギリ間に合わなかった

情けない1日を思い出しました。

 

その後に上り坂の渋滞で

クルマのクラッチを焼き、

異臭に焦る女と私。

 

結局女を手に入れられず

クルマも痛めた情けない1日。

 

最近はそんなミスは思い当たらないですが

この女性の乗り遅れは

自分のことのようにつらい出来事でした。

 

 

<美容に投資>


とある部位の見た目を良くしていきます。

そこまで気にしている訳ではないですが

毎回手間がかかるので費用対効果を考えて。

 

まあこれに頼る訳ではなく、

基本は経験値を増やすことで

腕を上げていくつもりでいます。

 

今後の声かけがより楽しみになりました。

 

 

<立ち止め>


今回の遠征は美容と戦闘服の調査で

大半を使ってしまったので

あまり声かけに時間を割けませんでした。

 

やっぱり女が多いのは、よい。

楽しく声かけができる。

 

テンションはずっと高かったと思います。

 

個人的に良くできたのは、

声かけている最中にテンションを上げて

ノリ良くトークしていくことを

意識することができたこと。

 

いつも声かけ時は頭が回らず

ほとんど頭を使えていません。

 

そしてノリ良くいくと

女性の警戒心が下がったように

見受けられました。

 

それで今回は、何人か

立ち止めをすることができました。

 

 

<連絡先交換>


歩いている女性へ声かけ。

これから別の女性と待ち合わせのようでした。

 

が、最近の私はかなり粘る。

女性が友人と合流して二人相手になりましたが、

 

どちらも性格が良さそうで

声かけた女性のほうから

連絡先を聞くことができました。

 


<バッグが開いていた>


この街で活躍されているナンパ師の方と食事。

話の流れで私がバッグから物を取り出した時に

なんとバッグの口を閉め忘れてしまいました。

 

その後、歩き回っているときに

口が開いていることに気づきました。

 

ここで私の強運が働いていました。

肝心なところで生を掴む。

 

その場所には予備の金と

部屋とクルマの鍵を入れていましたが

落ちずにギリギリ残っていました。

キーは落としたらとんでもないことになる。

 

相変わらず運が良い・・。

 


<良かった点>


・テンション高めに活動できたこと。

・立ち止めできたこと。

・正面声かけにためらわなかったこと。

・声かけでセリフを思い出せたこと。

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


トークの流れを復習する。

 どうもまだ完全に身についていない。

 

<活動時間が足りない>


まだまだ声かけ数が足りないですね。

声をかけきった感触がなく

余力が残っている。


また近いうちに出撃です。