一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

まんま返される


ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


約1時間半の活動、2声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先0。

 

<逆ナンパ>


今回はいきなり逆ナンパ!

ただしご老人(男子)でしたが・・

 

しかも、

 

「3日間食べてないのでお金ください」

 


とのこと。これは・・

 

 

私が数日前に都会でした声かけと同じ・・

 

 

まんま返されてしまいました。

 

 

パン食べながら歩いている女性に

「3日間食べてないんでそれくださいよ、」

という感じですね。日数もぴったり。

 

・・・こういうの私は非常に断りにくいです。


もし自分が路頭に迷ってしまったときに

誰も助けてくれないのはつらいから

寄付するつもりでかなりあげたくなりました。


しかし、「がんばって生きてくれ」

との願いを込めて老人を突き放しました、泣

 

 

<1声かけ目>


座っている女性の横に座りに行き、

待ち合わせしているように

見せかけてからの声かけ。

 

もうすぐ男と合流とのこと。

 

まあそれはいいですが、

スーツで何割かマシに見えたものの

じっくり顔を見てみますと少々難しい感じ・・

起ちにくいといいますか。

 


女性はスマホをずっと打ち続けていたので

私もトーク途中でもういいかと思い、席を立ちました。

 


<複数人女性>


2人組、3人組、4人組、5人組・・

若いのにたくさん遭遇したのに

声をかけに行けず。


地元では派手に声かけできない気がするので

ここのマインドブロックを外していきたいと思います。

 

自分で自分の声かけが不自然だと

思っている証拠かもしれません。

 

次回、まずは2人組から

またチャレンジしていこうと思います。

 


<2声かけ目>


仕事帰り風の女性に声かけ。

一般人から見たら若そうですし

まあマシなレベル・・

 

しかしこの女性も起ちにくそうな感じ。

しかも忙しいとゴネてきたので

崩していく気になれず、追わないことにしました。

 

 

<良かった点>


運動不足解消も兼ねて街へ出たこと。

 


<向上点>


丁寧に話すことを心掛ける練習のために

実践の場に出てきましたが、

実際にトークするときに何を言おう?

ということばかり考えてしまって何もできず。

 

これは出撃期間があいた洗礼だ。

少しずつリハビリしていきます。

 

<出撃頻度>


週1で都会、週1で地元で活動している、

と新しいナンパ師の方に言ったわりには

1か月近く活動していなかった。

 

これではウソになりますね。

 

一番若いのは今だということを忘れていました。

つまり、今活動するのが一番有利。


今まで学んできたことを忘れないように

また細々と活動していきます。

 

雨でも関係なく活動します

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

約3時間半の活動、20声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先0。

 

<地元にて>


朝、地元のバス亭にて。

トイレから戻ってきたときに

雨宿り中のそこそこの女性を見かけましたが

声かけができませんでした。


何やってんだか。

地元で友人を作るチャンスだったのに

残念です。

 

<午後>


地下をメインに声かけ。

好みの女性があまりいなく

仕方なしに声をかけてあげると低反応・・

 

ここで強めに崩しに行きたいですが

それは時代に合わなくなってきたことなので

早めに見切りをつける。

 

<帰り>


他地域で活動されているナンパ師の方と

駅構内で声かけ。


2人組が一瞬だけ立ち止まってくれました。

女性同士で相談しながらUターンして

帰られてしまいましたが。

 

この日は好みの女性を見つけられず

この立ち止めのみが成果です。

 


<良かった点>


雨どしゃ降りでしたが活動を楽しめたこと。

次はどんな女性がいるんだろう、と

わくわくする感じを思い出せました。


普通の生活をしていますと

同じ女性(既婚の年上)しか

見ないので性欲は無くなっていきます・・

 

地元でも活動しなければ!

 

<向上点>


終始、単調、感情のない声かけに

なっていたと思います。

意識して直していきたいです。

 

付いてきてくれたのに

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

約8時間の活動、8声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先0。

 

<出鼻をくじかれる>


朝はほぼ始発のバスで出発しています。

早起きするので眠いことが多く、

うまくトラブルなくバスに乗れた安心感もあり、

出発とほぼ同時に寝てしまいます。

 

窓際の席でしたので

窓にもたれて寝ていますと。

 

しばらくして目が覚めると

左腕がビショビショに・・ヤらしい。

 

家を出たとき、雨は小降りでしたが

服はほぼ濡れていないはず。おかしい。

 

と思いながら周りを調べてみますと、

バスの窓の端でくくられている

カーテンがびっしょり・・

 

洗濯機に放り込んでいて

乾いてもないまま

取り付けたのでしょう。

 

この水分を左腕部の服が

しっかり吸い取ったようで肌着にまで

しっかりと及んでいました。

 

この日はわりとひんやりしていて

これのおかげで風邪気味に

なってしまいました。

 

車内のカーテン濡れているなんて

まったく予想できなかった。

自分の読みの甘さを恨みます。

 

これプラス舌先の口内炎により

この日は声かける気が失せました。

 

体質改善を実行しているときは

調子がいいですが、気を抜くと

すぐに痛みが倍増する。

 

 

早く帰りたい気分でした。

 


<連れ出し>


抵抗しなさそうな女性に声かけ。

あっさり連れ出しできました。

 

女性希望のカフェまで

わりと歩いてしまったのが

いけないところ。


気合いが入っていたら

ねじ曲げてホテル近くの店に

するところだったのに・・

 

攻めの気持ちが足りない。

 

もうひとついいますと、

抵抗しなさそうな女性を選んで

声をかけにいっている時点で

もうすでに自分に負けている。

 

他にもかわいい女性は

何人かいた。

 

だが今は巨乳が欲しい。

欲しいんだ。

 

巨乳を探して歩いていると

ルックス兼ねてちょうど良いのを

なかなか見つけられず

 

妥協して今回の女性に

声をかけた感じになる。

 

連れ出し中のトーク

私自信が今さっき起床したような

寝ぼけた感じでトークしてしまい

女性が気を使って話題を振って

くれているようにも感じました。

 

恋愛トークに差し掛かったと思えば

話題が離れてしまったり、で、

すべてがザツになってしまう。

 

解散時、少し強引にいけば

ホテルまで歩いていくことが

できたかもしれませんが、

もう帰るとのことでしたので解散。

 

 

<良かった点>


・ない。

 

 

<向上点>


・自分の不注意が重なり

 体調不良となったのが悔しい。


・せっかく付いてきてくれたのに

 最大限の力で楽しませてあげなかったこと。

 声かける資格無し。

 

 

とりあえず寝て回復を図ります。

 

他国の文化

 

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

花見です。約2時間の活動、1声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先1。

 

<声かけ>


花見の時期は過ぎてしまっていました。

会場にはほとんど人がいないかと

思っていましたが、


場所を変更しますとたくさんの

若い人が花見をしていました。


早くに会場に着いてしまっていたので

人の集まりそうなところを読めず

適切ではない場所に

最初陣取ってしまっていたのです。

 

若い人はたくさんいましたが

すでに成立したグループで

来ているのがほとんど。

普段街では見かけないような女性が多い。

 

どちらかというと、普段歩いているような

女性よりも、ここに来ているような

女性のほうが私の好みです。

女のコらしいという感じですね。

 

最初は男だけで飲んでいました。

これだけでも楽しいですが、

同じく遠方から参加されている

相方からの誘いがあり、

会場を徘徊することになりました。

 

歩いていますと

はるか前方に二人組の女性を

発見しました。

我々は速足で距離を詰めていく。


近くまで来たとき、

女性の会話が聞こえました。


!!

 

私は相方に

「(この女性、)●●語ですよ。」


と知らせますが、相方は

「あ、そう。」


と言わんばかりに声をかけにいきました。

 

日本語は通じる相手でした。

相方はしっかりと花見用のトーク

準備されていて、

私はリードしてもらいました。

 


何とか自分たちがいるシートまで

連れてくることができ、

30分くらいトークしたと記憶しています。

 

女性の片方が予定があるとのことで、

私はもう片方の女性から連絡先を聞き、

その日の夜に会うことにしました。

 

<デート>


集まった男同士での飲み会が

夕方からは予定されていました。


声かけとか、デートとかは

一人でいるときにすればいいことなので

早めに終わらせて合流できるように

手を出せる個室で攻めていくことに

決めました。

 

「カフェこの時間どこも満席だから」

 

で個室へと連れ出し。

トークで距離を詰めていって

些細なところから手を出していこうとする・・

も、

 

実は距離を詰められていなかったようで


「●●(女性の出身国)には、こんな

(付き合っていないのに手をつなぐ)文化は無い」


とゴネられました。我が国にもこういう

しょうもないことを言う女性がいる。

少し触れただけで体を反らされる。


もっと時間をかけて

ゆっくり攻めていく練習も

しなければいけないですが、


それよりも早く男性陣に合流したかったので

個室を出て解散することにしました。

 

私はわりと●●(女性の出身国)が好きで

この言語を勉強したかったですが、

もはや返信は来ず。笑

 

このあたりの習性?というか行動は

ジャパンでも●●でも同じようでした。

 

どの国の女でも

その日じゅうに抱けると信じて

また活動していきたいです。

 


<良かった点>


・人に興味を持つという感覚が

 自分の中で少し理解できたこと。


・デートを当日に打診したこと。


・他国の女性とでも恋愛トークできたこと。

 


<向上点>


・他国の女性だからといって、

 最初声かけをためらったこと。


・手を出していくときの基本的な流れ、

 小さすぎるステップから手を出していく、

 ということを実行できなかったこと。

 手つなぎよりも小さなステップの

 復習が必要。

 

<体力不足>


日焼け止めをあまり塗っていなかったからか、

顔が熱を持っている。


翌日の会社には遅刻しかける。

普段会社で出勤の打刻をしている時間に

ベッドで目が覚めた。危なかった・・。


自分の健康面にももっと気遣って

活動していきたいと思います。

 

調子は悪くはないのに


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

昼前から約8時間の活動、22声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連続先1。

 

<連れ出し未遂>


ゴネられる活動が続きますと、

もうなんでもいいからとりあえず

させてください、

という気持ちになってくる。

 

そんな気持ちで声かけていますと、

ようやく少し時間のある女性に遭遇。

 

いえ、少しといいますか

ほとんど時間はない。ということで

手を出せる個室へ連れ出し。

 

しかし、待ち合わせ相手から

連絡が来たようで、受付直前に

女性が帰ってしまいました。

 

頼む、とりあえず早く、

待たせることなく、ごちゃごちゃ

サービスについて説明することなく

スムーズに受付できるようにしてください。

 

<1連れ出し目>


もうすぐ近くで予定がある、

という女性を連れ出し。


この街のナンパ師について女性は語る、


待ち合わせ広場で

待ち合わせているような、

もうすぐ相手が来ることがわかっている

相手に対して声かけていく意味がわからん、

バカすぎてウケる、

くらいけなしていました。

 

それに対して、私はイラッとは

しなかったですが、

 

その待ち合わせよりも良い相手が

声かけてきたら、女はそっちに

ついていくものだ。

(そして今からそれを証明してやるよ、)

 

と普通に回答してしまいました。

 

しかし連れ出し先にて

予定ぴったりの時間に

 

もう行きます

 

と席を立とうとしたので

私も席を立って退店しました。

 


<2連れ出し目>


そしてその直後、

ヒマそうな女に声をかける。

聞けばすでに酒が入っているようだ。

 

楽だな、、

 

と思いながら

ホテル街近くの飲み屋に連れ出し。

 

しかしなんというか、、

つまらない会話になってしまう。

 

私も疲れていたのか、トーク

その1つ前に連れ出した女と話したことか

今連れ出し中の女と話していることか

記憶がぐちゃぐちゃになってくる。

 

なんだろうと退店後は仕掛けにいく。

これが楽しみなんです。

これをせずにはいられない。

 

女性は時間ある、との回答。

 

ハンドテストを切り出そうと

考えていたときに

 

どこか行きたいところはある?

と女性。

 

さっそく覚えていたセリフ、

男が行きたいところは

ひとつしかないよね、

 

と切り返しながら、しまった、と感じる。

 

先に手繋ぎをするべきだったか!?

と思いながらガシッと手を掴んで

ホテルに連れていく。

 

結局は、綱引きに屈してしまう。

 


つまらない女だ・・と言いたいが

それは言えない・・

 

<良かった点>


・肌が綺麗と言われた。

・ゴネられても連れ出しできたこと

 

 

<向上点>


・シーディングが浅かった。


・基本的なトークの流れ、流れを作る話題と

 セリフの確認ができていない。


・ホテルチャレンジの手順間違い。


・しっかりしたところで休憩を取らずに

 「大丈夫だろう」と疲れきったままで

 活動を続けたこと。

 ガンガン連れ出しできていないと

 (歩き回る時間を短くしないと)

 失敗続きとなる。

 

<連れ出しできても>


連れ出すことができても

トークで食いつきをうまく上げられないのが

悲しいですね。

 

連れ出したのは極上の女性・・

というわけではないので

やる気が出ていなかったからなのか。

 

自分の好みがよくわからなく

なってきました。


今回ダメだったところを

またよく考えてみます。

 

確定できず


ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


約2時間半の活動、3声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先0。

 

<1声かけ目>


待ち合わせ女性へ声かけ。

これから複数名で女子会、とのこと。


イヤホンをしていたが、

まだ警戒心が無いのか笑顔で

話をしてくれる。


しかし、女性の友人から

到着の電話が来たようで、

私から立ち去りました。

 


<2声かけ目>


人通りの少ないところを歩いていますと、

目の前から女性が歩いてくる。


しかし、他に人がいなかったのと

橋の上だったので顔の詳細確認で

声かけに行くほどでもないな、とか

迷いが生じ、声かけに行けず、見逃し。


しまった・・


と思いながら歩いていますと、

また前から女性が来たので

今度は逃がすまいと声をかける。

 

しかし今回も暗いので顔の確認に

時間がかかり、正面声かけができませんでした。

すれ違って追いかけてからの声かけ。

 

女性はこれから仕事のようでして

そこまで粘りたいほどでもなかったので

追わないことにしました。

 


<3声かけ目>


このままでは帰れない、と思い、

あと街を1周だけ、と決めて歩いていますと、

女性を見つけたので声かけ。

 

女性は飲み会からの帰り中のようで

なんとか連れ出すことができました。

 

カフェの中では、女性の心の動きそうな

話題を見つけられず、厳しいかもと

思っていましたが、退店後は散歩を

了承してくれました。

 

・自分から最後の公共交通機関を逃す

・手つなぎOK

・路上で手を出していこうとしてみますと

 挿し込む以外の攻撃は問題無さそう

 

にもかかわらず、

ホテル直前で綱引きが発生だ・・・

 

洗脳不足だ。

 

 


<良かった点>


連れ出しが確定しかけの時に

自分から当然のごとく

連れ出し先に歩み出すことで、


当然のごとく

連れ出しを確定させることが

できたこと。

 

 

<向上点>


・洗脳不足です。

 トーク中に言葉が出てこず

 頭が回っていないくて

 洗脳することを忘れている。

 

・パネル前まで行ったのにまさかの

 部屋確定ボタンがどこかわからず

 女性に観念させるところまで

 攻めて行けなかった。

 

 

<また、とりこぼしか>


そのうちまた、うまくできるようになる、

と今回のことは忘れて座学に実践に

いろいろと活動していきたいと思います。


失敗続きなのに、

活動時に前回の失敗が

あまりよぎらなくなってきたのは

良い方向だと思っています。


気楽に活動していきます。

 

力を抜いて


都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>

 

昼前から約5時間の活動、11声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先3。

 

<連れ出し>


もう帰る、という女性に声かけ。

勧誘か何かだと思われていて

最初はゴネられますが、

時間を限定して何とか連れ出し。

 

やはり冬と比べますと

抵抗が少なく、少し楽に感じます。

 

女性は出会いが少ないようで

好意的に感じてくれていたと思います。


私は活動終盤で頭が回っていなかったですが、

それにも関わらず笑顔だったと思います。

・・愛想笑い?

 

トークの流れの可能性もありますが

彼女は?と久しぶりに聞かれました。

 

そして、

 

カフェから退店後、テキトーに

歩いてみてもついてくるようで。

 

しかしざんねん、、くやしい。

私はもうバスに乗る時間なのです。

 

駅の手前まで帰り、とりあえず

連絡先を聞いてあげました。

 

 

<良かった点>


・若く見えると言われた。

 ここまで出撃の度に言われますと

もう自分でも若返った気分だ。

 

・荷物をロッカーに置く前、

 つまり声かけ準備前にうまく女性を

 見つけて声かけしたこと。

 

 

<向上点>


・正面声かけのタイミングが

 ずれることが多かった。


・連れ出し中に声が通らなくて

 小さい声だと勘違いされた可能性があること。


・女性が声かけ前にしていたことを

 連れ出し後に間違えたこと。

 ひとつ前に声かけた女性と勘違い。

 

<力を抜いた声かけ>


普段は気合い十分なのに

微妙な結果ですが、今回は気合いの

抜けた状態なのに好反応な女性がいました。

 

普段の活動では、

意地でも無視を崩してやろうかという

鋭い目線がいけなかったのかもしれません。

 

私の声かけに合った雰囲気や

テンションなどを探っていきたいと思います。