鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

警戒心と楽しさと

 

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼から7時間の活動、約30声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先2。

 


<警戒心を解けない>


今回はこの街のナンパ師の方

(いつもの方:Aさん。ではないのでBさんとでも)と

活動時間前半を過ごしました。

 


最初はカフェで雑談、

そしてその後は声掛けをはじめる。

といっても私だけ。

 

Bさんは後ろからついてくるのみ。

私の活動日の活動の様子を見てみたい、

とのことでした。

 

しばらく声掛けをしていますと、

爆乳ギャルを発見、声をかける。

しかし完全な無視・・。

 

そこでBさんに

「あれは女ではなく男じゃないか?」

 

と言いますとBさん、

その女性?に声をかけに行く。

そこで普通に会話が成立!

 

 

で、改札を女性と一緒に通過するのかと思いきや、

なんと改札でハジかれていました。

 


私は自動改札機をくぐったことが

そんなにはありませんので、

Bさんが何をしていたのかが一瞬わかりませんでした。

一人ショートコントされているのかと思いました。

 


あとでBさんに話を聞きますと、

 

「女性(男性ではなく女性でした。)に

 OKをもらえたが、電子マネー

 チャージできていなく、通過できなかった」

 

とのこと・・。

 


悔しいですね。

こんな時に限って。

 


これは私も勉強になりました。

しかし私がもっと対策しないといけないのは

 

「警戒心を解くこと」


「楽しそうな人だと思ってもらえること」

 

この2点の強化だと感じました。

 

声は掛けていますが、打診が多くなり

女性について指摘することがほとんど

できていなかったです。

 

反応が良かった女性には

少しだけ指摘ができましたが、

 

反応が悪い女性に対しては

機械的な声かけで自分の感情が入っていなかったり、

女性の反応、ファッション指摘ができていなかったり、

周囲の人の多さから歩くコースが

どうしても悪くなってしまう場面が増えたりなど

忘れてしまっていることが多々ありました。

 


ルックスはOK、の声をちょいちょい頂いたので、

キャッチやスカウトと思われないような

工夫をかなりしないといけないです。

 

 

 

<連れ出し>


後半に入ってからも上記2点を

すぐに修正していくことができませんでした。


声をかけようとしますと、忘れる。

声掛けを失敗してから

次の女性を求めて歩いている間に

忘れてしまうのです。

 

そんな中、もう帰るという女性を

イヤイヤながらも自販機に連れ出すことが

できました。

 

しかし女性からの質問もほぼなく、

何回も「もう帰っていいですか」と言われ、

連絡先を交換して解散としましたが、

 

現在まだ連絡は来ず・・。

 


<連絡先交換>


歩いている女性に声掛け。

遅くから仕事のようで別の街へ

移動するとのことで


改札まで雑談して連絡先を交換しました。

 

最初からフレンドリーに話してくれて

気分が良かったです。

 

連絡先を交換したのは初めて、

とのことでした。

 

う~ん・・・

 

ルックスをたまたま気に入ってくれただけで、

技術的に仲良くなれた、という感じがしない。

ラクだけど納得がいかない。

 

そりゃあルックス(≒健康の維持)には

かなり力を入れて日々過ごしてはいますが

逆転の口説きをもっと体感したい。

抵抗させないのも強みのひとつではありますが。

 

頭の良さからくるセクシーさを

もっと纏っていきたいと思います。

 


<良かった点>


・ルックスを何人かの女性が褒めてくれたこと。


・あまり疲れずに歩き回れた(体力の向上)こと。

 

 

<向上点>


◎警戒心を解くことをもっと意識する

 笑顔。声の大きさ。感情。 

 「もっと気持ちを込めて、声をかけんかーーっ!!」

 

◎女性をもっと指摘できるようにする

 ファッション指摘が全くできていない。

 

・好みの女性を見かけない時間が続くと

 女性を選ぶようになってしまっていること。

 


<何も対策をしないまま来てしまった>


前回の活動から

ほとんど何もしないまま

気がついたら週末が来て

遠征に来てしまっていたという感じです。

 

私は、そんなに趣味とかは無いですが

気の散り方だけはすばらしい。

 

期限を決めても

期限を決めたことさえ忘れている。

 

まあ、難しく考えず、自分にとって

ラクなほうに流れないような

選択をしていくことを頭に置いて

また少しずつ向上させていこうと思います。

 

わがままになれ

 

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

 

<結果>


昼前から6時間の活動、16声掛け。

抱いた数0、連れ出し3、連絡先3。

 


<違う街へ移動>


個人的な用事があり、

別の街へと移動しました。

 

この街は数年ぶりです。

人はかなり多いですが、密度が非常に高いので

声かける気がなかなか起きず。

 

1人で歩いている、

声掛けても良いかなという女性を

なんとか見つけて

2、3人に声をかけただけでした。

 

体感的には、いつもの街のほうが

かわいいこが多い気がします。

真昼間でしたので、一日中いて

街の変化を感じてみないとまだ

何も言うことはできないのですが。

 

 

<1連れ出し目>


用事を済ませていつもの街に

戻ってきました。この時、夕方。

 

用事で移動したり、雨が降っていたりで

手荷物がバッグ、傘、と多くなり、

負荷が高くなった状態でこの日は活動しました。

 

歩いているやや地味めな女性を見つけ、

声かけを行う。女性は、

時間は結構あるとのことでしたが

あまり乗り気ではなかったようでした。

 

ここで連れ出しのテクニックが

いつもよりうまくハマり、

女性をカフェへと連れ出すことができました。

 

私のことを好きではないが、

断わり切れず仕方なくついてきた感じで


・女性からの質問は一切ない

・自分からは何も喋らない


時間がずっと続き、恋愛話もうまくできず

(恋愛への興味・経験が乏しそう)、

盛り上げられなかったです。


飲み物も飲み切ってしまい、

面倒くさくなったので、さっさとホテルへと

誘ってやるかと考え退店しました。

 

ホテル方面へと歩いていきます。

距離、3分の1のところで

水たまりを回避させるために

手を引いて様子を探る。

 

ん?

 

・・・女性の危機を

自然と回避させてあげたつもりなのに

手つなぎをブチ切られた感触が

私の手に残った。

 

これはマズいぞ。

 

距離3分の2のところでホテル入室を

ほのめかしていく。しかし手はつながず、

行く気も全く無さそう。

 

この盛り上がりでは当然の結果かもしれない。

だが次会う気も起きないので無理にも

誘ってみたというところでした。

 

女性は自分から去るとは言いませんでしたが

私はもう次の女性を探しに行きたくなったので

解散を提案し、また街を歩きはじめました。

 


<2連れ出し目>


この街によくいる、ちょいキツめの

ルックスの女性がタイミングよくいたので

声をかける。意外にも反応が良い。

 

話していると、

私の県のお隣から遊びに来ているようで

警戒心が薄れたのか女性の友達が来るまでの間、

カフェへと連れ出すことができました。

 

女性は私のルックスについて

非常に褒めてくれました。


ファッションも良いし、20代半ばに見える、

とのことでした。まあ若い女性は年齢の

判断力が無いので仕方ないですが、

 

親族の30前半の男性よりも

圧倒的に若く見えると褒めて頂きました。


女性は地元でもよく声をかけられる

とのことでしたが、大企業の男でも

パッとしなかったといった話をしてくれました。


女性の友人からわりと早めに

連絡が来たので、連絡先を交換して

解散しました。

 


<3連れ出し目>


帰りの便を遅い時間にしていたので

もう気力が無くなっていても

どこかで時間を潰すのはもったいないので

まだ女性を求めて歩き回りました。

 

すると幸運にもメシ屋の前で

悩んでいる女性を発見、声をかけて

一緒にメシを食べることにしました。

 

女性はメシを食べたそうでしたが

この時、私はすでに夕食を済ませている。

しかし女性にメリットを与えなければ、

とジェントルマンになってしまい、


メシが食べれるカフェへと

行ってしまいました。


これがこの連れ出しの失敗。

手を出せる個室へと誘導して

そこで頂く、という流れにするべきでした。

 

メシ屋ではこの日イチバンの盛り上がりで

私も日々実践している健康トークなどで

うっかり喋りすぎてしまうくらい

楽しめました。楽しかったと思っていました。

 


ところが。

 

実は女性は隣の県から来ていて

もう帰らなければいけないことが途中で発覚し、

また後で会えばいいやと連絡先を

交換したところまでは良かったのですが、

連絡先交換を打診した時に、

 

 

「やっぱりそうなるんですね」

 

 

と言われたのがものすごく屈辱でした。

メシを御馳走したその見返りとして

女性の連絡先を要求してきた、

と女性に思われてしまったのです。

 

 

ほう・・いい根性してるな。

そこまでして手に入れたいほどの女では

ないわーーー

 

 

連絡先を交換しましたが、

女性は私が見送り時に改札で

こちらを振り返りもしませんでしたので

なんだか急激に冷めてしまい、

連絡はしていません。

 


オセロで白を積み上げてきたと

思っていたら、最後に黒を置かれて

全部真っ黒じゃーーー。

 


愛がほしい。と思う。笑

 


帰りのバスの中、

自分の住む県まで帰ってきた頃には

眠りから覚めて意識が冴えていましたが、

 

道路表面の凸凹による揺れと、

無駄に多い信号での停止に

なぜかずっとイライラ

してしまいました・・。

 


<良かった点>


・連れ出しの技術がうまくはまって

 自分に自信が持てたこと。


・ルックスを褒めてもらえることが

 増えたと思います。

 フォーマル寄りなほうが受け良いです。


・街にいる間は、できるだけ

 声かけ数を増やそうとしたこと。


・時間が制限されて逆に集中できたこと。

 

 

<向上点>


・女性を選ぶ癖がまだ残っていること。


・自分が気合いを入れている健康について

 うっかり話すぎて女性より女子力が

 高めだと思われてしまったこと。


・恋愛経験の乏しい女性に当たったとき、

 それ以外に熱中していることを

 うまく掘り出せなかったこと。

 


<もう少しわがままになって>


遠征に来ると、帰る時間になれば

地元へと帰らなければいけないので

早い時間帯に抱けるように

もっと技術を高めていきたいです。


また次でいいか、なんて思うと

次に会うときまでにいろんな邪魔が入って

結局うまくいかないことが多いです。

 

多少はわがままになって

自分の要求を通していけるように

強気になってまた街へ行きたいと思います。

 

イケると思った

 

鉄人です。

地元でデートに行ってきました。

 

<結果>


ゴネられた・・・

 


<内容>


先日地元で活動したときに

食いつきよく連絡先交換して

解散した女性とデートを組んでいました。

 

食いつきの良さと、

遅めの時間帯での開始であり、

もはや行く前から

 

今回はイケる!!

 

と思って待ち合わせ場所へ向かいました。

女性と合流し、近くのカフェバーへ。

 

食いつきあると思っていたものの、

メシを食べながらだとやはり話しにくい・・

 

時間帯が時間帯だから

何か食べないと不自然だと思って

食べに来てしまいました。

 

序盤から中盤にかけて、

あまり女性の話を深堀りすることができず、

逆に自分が喋ることが多くなって

しまいました。

 

後半になってようやく恋愛話ができ、

退店をする。

 

女性は終始笑顔だったし、

退店後も時間はあるとのこと。

 

・・・まあ、

多少しくじってしまったが、

結局は頂くことになってしまったか。

 


とか思いながらホテルのほうへと

歩いていきますと。

 

「駐輪場、●時までだから。」

 


な、なに!?

もう1時間も無いじゃないか。

時間が足りん。

 

これは・・予想できんかった。

 


繁華街周辺で仕事していると

事前に言っていたから、

てっきり終電で帰るか

繁華街から徒歩圏内に住んでいるものだと

思っていました。

 


あまいわ。

 


自転車で通っていて、そうであるならば

自転車は放置するわけにはいかない。

しっかりと駐輪場に停めなければいけない。

しかも駐輪場はある時刻で閉まる。

 


私はクルマで繁華街に来ていて

駐車場は閉まらないところですので

女性が自転車で来ていることや

駐輪場の閉まる時間までを

予測することができなかったのです・・

ただの配慮不足。

 


私自身の勝手な思い込みと、

女性のリミットを確認していなかったことで

 

次回へ持ち越しとなってしまった。

もう一度会うのはめんどくさい。

 

抱きたい女性ではなく、

抱けそうな女性であったからだ。

 


女性は実家住まいで

かなり干渉してくる親に

言い訳して出ていくのが

面倒だと言っていました。

 


これは私自身の家族とかなり似ている

(女性のほうがもう少しひどそう)ので、

女性の気持ちにものすごく共感してしまいました。

 


なので女性の帰りの足と翌日の足を断ち切ってまで

自分に付き合わせるほど、わたしは

わがままになることができませんでした。

 

自分の至らなさで泣き、そして

女性に共感して泣きたいところですが・・・

 

 

私は泣かぬ。

 

 

泣くどころか目を血走らせて

また声掛けをしに行きます。

 


<良かった点>


時間はかかったが恋愛トークできたこと。

 


<向上点>


・デート前後で女性にバレるのを恐れて

 声かけを行わなかったこと。

 

・女性のリミットについての見立てが

 あまかったこと。探りを入れて

 予想しなければいけない。

 

・手つなぎテストでは女性の手の力が

 抜けそうでした。盛り上げるスピードが遅い。

 

 

<帰り>


日常生活でコンビニには一切行かないですが、

立ち寄ってカフェラテを買って

イライラしながら飲みながら帰りました。


あとからあとから湧いてくる

このイライラ。

 

せめて同じ間違いはしないようにしよう。

そしてそのことを日々忘れずに過ごせ。

 

声掛けの理由

 

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


午後に約4時間の活動、約10声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先1。

 

<この日は女性集め>


この日はこの街で

合コンを開こうと決めていました。


しかし直近で遠征できていなかったので

候補の女性を集めることができず、

当日にがんばることにしていました。

 

二人組の女性をメインに狙い

声をかけに行きます。

 

二人組の女性に関しては、

最初の反応が悪いことはあまりありませんでしたが、

飲み会の打診をすると少し詰まって

目を合わせて拒否してくるという感じでした。

 

もしくは、こちらから

ダメな理由を言ってしまい、

それに女性が乗っかってきて巻き返しに

楽しさを織り込んでいけず、という感じでした。

 

通常よりもたくさん

二人組の女性への声かけを行いましたが、

 

「合コンという名目があるから声かけできる・・」

 

という理由でブレーキを外していくのではなく、

 

「貴女たちの二人とも、もしくはどちらかが

 欲しいから声をかけに行くんですよ」

 

という純粋な気持ちで声かけに行くことが

大切だと感じました。

 

 

<連れ出し>


一人でいる女性にももちろん

声をかけに行きます。もしかしたら友人を連れて

合コンに参加してくれるかもしれませんので。

 


声をかけると、男とのデートまでに

少し時間があるという女性がいて、

 

カフェを打診すると

抵抗なく了承してくれたので

連れ出しをしてしまいました・・

 

う~ん・・協調性の無さ・・

この日は女性集めに徹すると決めていたのに

欲に負けてしまいました。

 

女性はなかなか普通では行かない国に

何度か行っていることがあり、

そういった話は恋愛対象の男性には

言いにくいことなどを話してくれました。

 

時間が迫ってきて、

これからの男との予定をキャンセルさせようと

次を打診しに行きましたが、

 

ここでまた女性集めをしなければいけないことが

脳をよぎり、本格的な打診をすることが

できませんでした・・中途半端。

 

結局連絡先を交換して解散しました。

 

<ラウンジ>


結局この日、

女性集めはできませんでしたので

相席ラウンジへ行くことにしました。

 

計3組の女性と話しました。


●1組目で話した女性


話を盛り上げることができませんでした。

女性と体の距離がものすごく近くて

かわいい・・とは言いにくい女性なのに

やたら興奮してしまいました。

 

●2組目で話した女性


そこそこの女性で穏やかに話してくれ、

悪くないな・・と思っていたのに

女性から先に席を立たれてしまい、

連絡先交換のタイミングを逃す。

 

●3組目で話した女性


こちらの女性は1組目の女性ほどでは

ない程度のやや巨漢でしたが穏やかに話してくれ、

一緒に静かにゲームで和みましたが

退店時間が来たので席を立ちました。

 

<良かった点>


2人組女性への声かけマインドを

見直すことができたこと。

 


<向上点>


・女性へのアプローチが中途半端に

 なっていたこと。


・話さない女性にヒットする話題を

 探るのがまだまだ苦手であること。

 


<都会は良い>


久しぶりに都会に来た感想として、

やはりかわいい女性が多く、

楽しい気分を味わうことができます。


地元ではなかなか味わえないです。

ぜひ声をかけに行きたいという感覚。笑


地元も都会も両方活動することで

それぞれの良さを毎回感じることができるので

楽しむ方法を探しながら活動していこうと思います。

 

食いつき良さそ


鉄人です。

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


1時間半の活動、1声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。

 

<声かけ>


この日の朝、他地域で

活動されているナンパ師の方の

音声を聞いて、とても楽しそうに

会話されていたので

声かけしたくなり繁華街に来ました。


また、良い女性を選んでしまうという癖も

直していく必要がありましたので、

それも兼ねての活動です。

 

しかし・・・

 

普通は普通でも好みから外れていると

声をかける気がなくなってしまうような

感じです・・・。


話したことなくて、なんとなくイヤだな、

と思っていた女性でも向こうから

フレンドリーに話しかけてくれると

印象が変わるような場合もあるので、


反応悪かった場合のことばかり

考えるのではなく、どんなのでも声かけに

行くマインドにしないといけないです。

 

・・・とまあ、いろいろ考えながら歩いても

女性を見かけなくなったので、ふらっと

スーパーに入るとフルーツが安売りしていたので

ついつい買ってしまいました。

 

その買い物袋をぶら下げてとりあえず

クルマの中にでも置いておこうと思い歩いていると

女性がいたのでそのまま声をかけにいく。

 

このフルーツで怪しさが無くなった?のか、

女性には警戒心がほとんどなく、

フレンドリーに話してくれる。


女性は友人とこれから飲み会、

とのことで少しだけ雑談をし連絡先を交換しました。


こちらを何度か褒めてくれたり、

連絡先交換をするときも

 

(私の連絡先を)登録できてますか?


と確認してくれました。おおっ、これは・・

こちらが気に入ってる女性に対して

ついしてしまう挙動だ・・

 

後日やりとりした感じでは、

その後の飲み会においても

私が声かけてきたことを

友人が怪しんでいる様子は

無さそうな感じでした。

 

デートに女性がきちんと来たら

直接狙ってみようかしら。

 

 

<良かった点>


・事前にシャドウイングをしたこと。


→自宅を出るとき、声があまり出なかったですが

  繁華街につくまでずっとシャドウイングをしていると

 現場ではある程度まで声が出るようになったこと。

 

・声をかけても良い女性を見つけるまで歩いたこと。

→自分から進んで歩いていかなければ

  何も始まらないです。今さらではありますが

  こういったことはすぐに忘れてしまいますので・・。 

 


<向上点>


・まだ良い女性を選んでしまう。

→この日は3人くらい見逃してしまいました。

 

・そういえば自分は耳が悪い?のか

→会話で女性にちょいちょい

  聞き返してしまうことがあります。


 ヒトは会話の一部が聞き取れなくても

  話の前後関係や状況から予想して相手の

  言ったことを予想してやりとりしていると思います。


  私は、かすかな物音や雑音は聞き取れることが多いので 

  会話を聞き返してしまう、ということは
 
  予測力や語彙が欠如しているのかもしれません。

  新しいこと、いろんなことに触れて世界を広げ

  続けていかなければなりません笑

 

 

<活動ペースを上げていけ>


自宅にいると気が散ってしまうことが多いので

最近はもっと活動しに行ったほうが良いと感じています。


活動しに行くとなればクルマを運転することになり

その道中はほぼ声かけの勉強をするしかなくなって、

実はこちらのほうが成長・楽しみ効率が良いかもしれません。

 

都会の女性が良い場合が多いですが、

地元でもすぐに会える女性を

たくさん作りたいので、であれば

地元での活動も増やしていくべきです。

 

活動ペースをまた少しずつ

上げていこうと思います。

 

数年ぶりの街

 

鉄人です。

お隣の県に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼すぎに1時間半の活動、1声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<この街の思い出>


数年ぶりに来ました。

ここは、我が県よりも

ほんの少し都会なだけですので

 

移動にかかる労力を考えると

訪れるのは後回しになってしまっていました。


最近は、活動するのであれば

週末は都会への遠征。

平日夜は地元繁華街にて。

 

この街は、声かけをし始めたときに

知り合いに目撃される可能性が地元よりは低いので

週末によく来ていました。

 

1時間半もかけて車で来たわりには

数人しか声をかけないで帰ることになるので

効率が悪く、しばらく来ていなかったのです。

 

しかし、効率を意識しすぎますと、例えば、

そもそも自分がベストだと思う女性がいないと

声かけをする意味ないのでは・・とか、

ネガティブな方向に考えてしまうクセがあり、

楽しさが減ってしまうことになりますので、

 

楽しさを感じるために、

「その地その地での女性を見てみよう、」

と楽しむことだけを考えて

今回訪れることにしたのです。

 

 

・・・歩いていると、

当時のことを思い出します。

 

●声をかけて、連絡先を聞いて、

 後日デートをした後で「つまらない男」と

 直接メッセージが来たこと。

 

●友人が指定した女性から連絡先を

 聞き出したこと。その現場のお店が

 なくなっていて思い出しました。

 →しかしこの声かけを会社の人間に

  目撃されていて、

  私はキ〇ガイだと一部の人間から

  言われていること・・・怪しいヤツは

  周りにいなかったのに見られていたとは。

 

●何度か遊んで仲良くなったのに

 ついに抱けなかった女性と行ったお店。

 


街は少しずつ変化しましたが、

私のやることは数年前から変わらないです。


良い女性を探しだして

声をかけに行くだけです。


    
<1声かけ目>


とはいうものの、

都会で活動していることが

最近は多いので、


選んでしまうクセがまた出てきています。


おしゃれだったり、背が高かったりと、

良さそうかな?と感じる女性を

近くで見てみますと、

 

あとひとつパンチが足りない・・

だから声かけする気が起こらない・・


という感じになっています。

 

時間が押してきたので

まあ街を歩くことができたし良いか、


と思いながら帰ろうとしたときに


なかなか良さそうな女性がいたので

すれ違い後に声をかけに行きました。

 


人の密度が少ないので

正面から声かけを行うと、


また会社の人間に見られるのでは?


なとど余計な心配事が

頭をよぎったからです。

 

女性は何度か笑ってくれたものの、

近くに人間がたくさんいたり

立ち止めをしきれなかったこともあり、

駅へと逃げられてしまいました。

 


<良かった点>


楽しむことを考えたこと。

 

 

<向上点>


選ばない。ある程度であれば

ガンガン声かけに行くべき。

 

 

<周りを気にしている場合ではない>


普通レベルの女性と話そうとしない

→良い女とだけ話すような男だと思われたい


という願望が自分にはあることがわかりました。

普通の女性も満足に楽しませられるかどうかも

まだ怪しいものなのに、

 

良い女だけを楽しませるというのは

自分の実力を見誤っているのかもしれません。


しょうもないプライドは無くして

どんな女性とでも楽しめるような人間に

なれるよう意識を上げていきます。

 

直近の活動

 

鉄人です。

ストリートに行ってきました。

 

<地元での活動結果>


2時間の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。

 

地元ではめずらしいキリッとした女性を

発見したので追いかけて声掛け。


出張で我が県に来ている、とのことでした。

しかも私のいつもの遠征先の都会から。


これはおいしいパターン・・


しかししばらく並行トークするも

連れ出しまでには至らず、

連絡先を交換して終了。

 

 

<いつもと違う都会での活動>


早朝から10時間の活動、約35声掛け。

抱いた数、連れ出し、連絡先すべて0。

 

この街は地元からやや遠いので

高速バスで移動、早朝に到着。


すると意外にも人がたくさんいたので

声掛けを開始。


しかし・・


予定がある、を崩せない場合が多く、

手も足も出ずに力尽きてしまいました。

 

 

<いつもの都会へ遠征>


昼前から約9時間の活動、20声掛け。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先2。

 


<迷いながらも活動再開>


金欠によりしばらく

活動しないつもりでした。

 

余裕が無いというわけではないですが、

自分のボーダーを下回って

少し落ち着かないという状態です。

 

しかし上記のいつもと違う都会への遠征時に、

他地域で活動されている方々の情熱を

間近で感じとり、

 

みんな命をかけて

声かけをしているという気迫が

伝わってきたので

 

「負けていられない、」

 

と思って遠征に行くことにしました。

まあ、勝ち負けではないですが

自分に負けているということでした。

 

都会行きのバスはすぐに満席になるので

急に予約することはできない。

 

だから少し前に予約だけしておいて、

日が近づいてきたらキャンセル

するつもりでいました。

 

しかし自分もしっかり活動しなければと

思ってキャンセルをせず出撃することにしました。

 


<連絡先交換>


荷物を持っている女性に声かけ。

道に迷っているようで、道案内を行う。


すると途中でルックスを

かなり褒めてくれました。


ここまで褒めてくれるのは

久しぶり・・

 

女性との身体的距離がかなり近くなっても

全然離れる様子が無かったので

「かなり良いところまで行けそう!」

 

と思いきや女性の友人から連絡が来て、

女性は合流することになったので

連絡先を聞いて解散。

 


<気がつけば・・>


もう夕方に差し掛かろうというのに

カウンターで声かけ数を確認すると

まだ9・・・

 

自分ではかなり声をかけたと

思っていましたが、

全然できていないことに

気がつきました。

 

少し焦りながらも歩き回りますが、

いまいち声をかけに行く気が

起こらない・・

 

と、そう思っているときに

他地域で活動されている方から

連絡がありました。

 

その方とやり取りしながら

歩き回っていると、

だんだんと情熱が回復してきて

声かけ数も増えていきました。

 

自分の中の、自分では押せない

スイッチが入った感じです。

ありがたい!

 

 

<連れ出し>


買い物へ行く途中の女性へ声をかけ、

一緒に買い物した後にカフェへと連れ出し。


女性の半生を肯定したり

女性が最初から自慢話をしてきたり

私のルックスを褒めてくれたり

彼女がいるか2回くらい聞いていたり、

と食いつきをいくつか確認できたので

 

カフェ退店後に仕掛けに行こうとすると

女性が自分の人生に関わる大事な

用事がある、とのことで

テルチャレンジできず、

女性を送って解散しました。

 

 


<良かった点>


・恋愛が一番有利なのは若いとき、

 それは今この瞬間だということが

 再認識できたこと。

 
 →世間で当然のように言われていることですが

  活動を後回しにして技術に衰えを感じたときに

  ようやく認識できました。  

  後回しにすれば不利になっていくだけだ。

 


・ルックスを褒めてくれたこと。

 →最近はうまく行かないことが多かったので

  ルックスが決まっていないかな、

  と無意識に感じていたかもしれないですが、

  払拭できました。

 

・仮眠を取り入れたこと

 →決めている歩数の半分に到達したところで

  疲れていなくても仮眠を取りました。

  頭がスッキリして体も軽快になりました。

 


・勢い低下の要因のひとつがわかったこと

 →いつもと違う都会では、最終目的地を

  しっかりと確認したわけではなかったので

  「連れ出しても仕方ないし・・・」

  などと心の中で思っていたのではないか、

  ということがわかりました。

  実際にいつもの都会での勢いが

  ここでは無くなっていました。

  もちろん体力的なものもあったとは思いますが

 

 

<向上点>


・打診が早い。1回目の打診から

 2回目の打診をするまでの間隔が

 短かすぎて女性からすれば怖いだろう。

 

・イヤホンを外してくれた後うろたえている

 →まずはレッテル話法を行って・・

  と進めていきますが、その時の声が

  震えていることが多く、その直後に

  指摘等を行っていくときに勢いが

  かなり低下してしまっている。

 

・都会ではまたより良い女性を選んでしまっている

 

 

<常に声かけのことを考える>


出撃から期間があいたり

書くのに時間がかかるので

早め早めに、あまり考えずに

今回は書きました。

 

いろいろと思うところ、感じたところは

活動の度にありましたし

いつものように盛らない範囲で

おもしろく仕上げたかったですが。

 


今回いつもの都会に遠征してみて

ルックスの向上や技術の低下幅、

自分のことを気に入ってくれる女性がいるなど

自信になることも多かったので

忘れないように常にナンパに触れるようにして

向上していこうと思います。