読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休のナンパブログ

30代前半のド田舎住まい。

若いのに、しっかりせい

ストリート

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


1時間半の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。

 

やはり実践は良いですね。

 


<前日>


都会への遠征から帰還した翌日、

腰に異変が・・わずかに痛む。


今まで腰を悪くしたことは

ほぼなかったため病院へ行きました。


骨は問題なさそうで、

筋肉に疲労が溜まっていそうな感じ。

 

で、お医者さまより

まだ若いのにしっかりせんかと言われました。

 

ストリートに出るようになってからは

自分の体調や健康にかなり気を遣うように

していましたし、

 

実際にストレッチなども毎日行い、

ほどよく歩いていたので運動不足・・

ということではなかったと思います。

 

バスでの姿勢が悪かったのか?

 自分の体を不調にさせてしまって、悔しい。

 


しかも体重もやや増えていました。

いつもより、1キロほど。

 

 

これはイカン、

遠征でほぼ声かけできていなかったことと、

体重が増えていたということで

これはストリートに行くしかないと思い、

活動してきました。

 

 

<1声かけ目>


仕事帰り風の女性に声かけ。

やや低反応。

 

だがこちらは都会遠征からそんなに

日が経っていないため強気で言葉を投げる。

 

すると女性はクスッと笑いました。

強気に出てくる女性にはそれ以上の強気で。

少し感覚がわかった気がします。

 

ですがもう目の前に

女性の迎えが来ていましたので追わず。

 


<2声かけ目>


ベンチに座っている女性に声かけ。

ずっとシカト。

 

「なにい?」


と思って私は立ち上がり、

女性の前まで行き、さらに言葉を投げる。

 

すると女性はイヤホンを取り、

トークをしてくれました・・が。

 

最後の便(女性いわく)を逃がさせるほどの

食いつきを5分で上げることができず、

逃げられてしまう。

 

まあ若くて良かったのですが、

後日改めて会いたいというほどでは

ございませんでした。

 


<3声かけ目>


一人で突っ立っている女性を見つけたので

やや離れているところから適当に声をかけてみる。

 

女性はこちらを振り向きましたが、

超超普通すぎる感じで何とも言えなかったので

早々に切り上げました。

 

<4声かけ目>


せっかく難易度の低い?地元で声かけを行うので

少し苦手な正面声かけを行ってみました。

 

女性は夜のお仕事のようです。

普通のコがやや派手にしている感じ。

 

今から仕事ということでしたが、

ラインは簡単に教えてくれました。

 

こちらもまあ

後日会いたいというほどではないですが

夜の女性は経験ないので

とりあえずいろいろ打診してみようと思います。

 

 

<5声かけ目>


この勢いに乗ってまた正面からの声かけを行う。

しかし女性は完全にシカト。

 

一切表情を変えずに歩いていく。

全然かわいくはありませんでしたが、

表情を崩さなかったことが悔しいです。

 

周りにはオッサンか待機タクシーのオッサンしか

いなかったため目立っていたかと思います。

最後で失態です。笑

 

 

<良かったこと>


・強気の声かけができたこと。

・わりと歩いて運動できたこと。

 

 

<向上点>


声かけ前に戻れるなら何をするか?


・女性を見たときに声をかけに行く習慣をつける。


 今回は2、3人ほどタイミング遅れて

 声かけができませんでした。


 都会でもこういったミスが最近多いかもしれないので

 気をつけます。

 


<地元での活動のイヤなところ>


会社でほぼ一番仲の良い偉いさん?が

繁華街に住んでいるので

遭遇することがちょくちょくあります。

 

会いそうだから行くのやめておこうかな?

と考えてしまうときもたまにあります。

 

しかし人の目を気にしていたら

チャンスは減っていくと思いますので

こういった些細なところから

行動していけるようになっていこうと思います。

 

 

 

主導権を取られる

都会に遠征に行ってきました。



<結果>

昼前から約3時間の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連続先0。




<デート>



最近久しぶりに

まともに生きた連絡先を交換できていて

その女性との予定を入れていました。



ギラつける個室しか考えていなく、

そこに導くためのトークを準備していたものの、

女性の強気の雰囲気に負け、

メシに行くことになる。



そして店内では、8割くらい

私がしゃべることになる。

女性に話をさせなければいけないのに

女性がすぐにこちらに振ってきて

流れをコントロールできず。



しかもピークを少し過ぎたあたりで

行こうか、と切られる。

退店後にいつもならホテル打診しますが、

すでに女性がホテルとは逆の方向へと歩き出したので

打診する雰囲気に持っていけず。



終わったな、、



と思いながら「また」と言いますと

「また今度ね」、とのこと。



しかもその後、女性から先に連絡も来て

会う前と同等以上に反応が良さそう。



うーん、、



女性が逆に私を手に入れようとしているのか?

可能性は0ではないかもしれないけれど

今度また会うことになれば

今度はガンガン仕掛けていこうと思います。





<声かけ>



シカトを崩しかけたり、

実際にシカトから女性が口を開いても、

その後のトークがもたつく。



崩している最中に自分のテンションが

下がっていくのも自分で認識できた。



さらには立ち止めも意識できていない。

手の不自然な振り。



欠点だらけ。



まあまたひとつずつ潰していきます。





<良かった点>



・女性軸に会話を戻すことを意識したこと。



<向上点>

もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

・声かけの基本の見直し。

 トークは最低限詰まらないようにしたい。





<行動量を増やす>



改善箇所がわかってもすぐにそれを忘れる。

都会でスムーズに声かけできるように

平日にも声かけを行う日を作ろうと思います。

また綱引きで屈する

都会に遠征に行ってきました。



<結果>

昼前から約9時間の活動、

前回と同じくらいで約20声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先1。



もうひとつ攻撃力不足です。




<やや暴言>



出ました、今回も、罵声。



邪魔!!



とのことです。

やさしそうなルックスの女性だっただけに

予想外でひるんでしまいました。



漫画やゲームでしか使わないような言葉を

よく他人に出せるなと感心しますね。



やれやれ。



ここでやや怒りがこみ上げてきました。

そしてこの日初めて血が体じゅうを

巡っていくのを感じ、ペースが上がっていきました。



気持ちのコントロールができていないですね。

他人にテンション上げてもらっているようではまだまだ。



うーん、、寛容になる必要あります。

ちょっとしたことでイライラしがちです。



<立ち止め>



いかにも応じそうな女性を見つけたので

声かけ。もう今にも改札に行かれそうでしたが、

思いきって前に出て立ち止め。すると女性、止まる。



最近は立ち止めが全然できていませんでしたので

ここで立ち止めの重要性を再認識しました。



女性が外せない予定があるとのことで

連絡先を打診しましたが、

番号教えるだけならいいとのことで

最近の手法にしては古いな、と

何かイヤな予感がして断りました。



<連れ出し>



やや子供っぽい女性に声かけ。

どういうシチュエーションだったか覚えてないですが、

連れ出しできました。



でもここでも弱い自分が出てきました。



ギラつける個室のみにこだわり、

カフェなら切るつもりでいたのに、

失いたくないという気持ちが出てきまして

メシ連れ出しとなりました。





店を出ると狭い通路で前から人が来て

そのついでに「危ない、」と手を引く。

そしてそのまま手繋ぎし、時間を聞くと

大丈夫そうな回答。



さて行くか、とホテルへ向かって歩き出す。



ところが。



ここを曲がれば、というところで

ブチッと手繋ぎを切られる。



なんかヤダ



という感じですが手繋ぎは継続している。

よくよく話を聞いていくと

経験はないが個室でギラつかれた経験があり、

個室を特に嫌がっているようです。





あーあ、食いつき不足。





気を取り直してまたカフェへと連れ出し。

で、そこで距離をもう少し縮めて

退店後今度は腕を組ませる。



そしてまたホテルへ行こうとすると

また腕をほどかれてしまう。



仕方がないので、

今度必ずさせて頂くからな、

と言って連絡先入手しました。





<良かった点>


・限界プラス1の行動を心掛けたこと。

・何度もホテルチャレンジしたこと。




<向上点>

もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

・理解と色恋の路線が変わりそうになったこと。
 いけませんね、流れの再確認が必要。

・奥深くまでトークできなかったこと。

・極上から少し落ちるまあまあ良い女性を
 避けがちになっている気がします。
 貪欲になります。

・立ち止めを強く意識する。並行トークになってばかり。


<あと一歩が続く>



声かけやトークで詰まるところが

まだまだ多いので

基本が身についていないと感じます。



反応取れているのに取りこぼすのは情けないので、

こういったミスを減らしていけるように

また見直ししていきます。

隙間時間で

ストリート

 

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。


<結果>


20分の活動、2声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<1声かけ目>


飲み会がありましたので

そのついでに声かけしようと思いました。


始まるまでに少し時間があったので

ウロウロしていると女性を見つけたので声かけ。


女性は出張で来ている、

とのことでしたが近くで見るとどうも・・


ということで粘りませんでした。

 

<職場の女性に会う>


前にいた部署の同僚に会いました。

ファッションを見て褒めてくれました。


そこまで完全に気合を入れた戦闘服

ではなかったものの

褒めて頂けるとテンション上がります。

 

<飲み会>


以前いた部署の方々と飲み会。

で気づいたのが、今の部署では

自分をイジッってくる人が、ほぼいないということ。

 

ピリピリした感じがにじみ出て

接しにくい雰囲気になっているのかしら。

 

でも私の隣の席にいる人は

私によく話しかけてくれるようになったので

楽しませることが

少しはできてきているのかなと感じます。

 

<2声かけ目>


飲み会では、

付き合いたいとは思わないけど

させて頂けるのなら良いかな、

 

という女性をたくさん見かける。

ただし隣のテーブルとかにいる人たちで

こちらもそういう雰囲気ではないので

話しかけに行くことができない。

 

街にはあまり女性はいないのに

店の中に入ると、ぽつぽつと

まあまあの女性がいる。

 

そういうのをうまく拾ってやろうと

飲み会終了後にまた歩いていますと

女性を見つける。

 

ちょっと微妙そうではありますが

対面声かけの練習がてら

声かけをしました。


「明日の朝早いんで」


ここで、良い女性なら粘りたくなりますが

気分が乗り切らなく

「まあそうですよね」と言って切りました。

 

まあまたちょくちょく地元でも声かけし

女性に慣れていこと思います。

 

<良かった点>


対面声かけを行おうと決めて

しっかりと実行したこと。

 

<向上点>


声かけ前に戻れるなら何をするか?

 

・基本的なフレーズに対して

 もっと楽しい切り返しを準備しておく。


・職場の女性に対して雰囲気の違う言葉で

 話してしまったこと。自分の言葉で話せるように。

 


<声がよく出た>


前回の失敗から

ボイストレーニングを再開したところ、

思っていたよりも元気に声かけできました。


やはり継続は大切ですね。

無意識にできる習慣となるように

続けていこうと思います。

 

あと一歩たりず

都会に遠征に行ってきました。

2週間ぶりの活動です。



<結果>

昼前から約9時間の活動、約20声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先1。



わりと歩きました。

でも歩数は確認すると

疲れが押し寄せてくるので確認せず。



<舌打ち>



久しぶりに?声かけた女性から

罵声とまではいかないけれど

舌打ちされました。



ん?



いや、舌打ちされっぱなしで

引き下がれるか!

と思ってまた言葉を浴びせていきますと。



もうマジ無理。



などと言われました。

まあそこまでムキになって

追いかけるほどでもなかったので

追いかけず。



やられっぱなしでは終われない、

強気なマインドを育てていきます。





<連れ出し>



ぎりぎりイケるか!?

という女性に声かけ。すると完全に無視。



やれやれ、無視を崩すのは疲れます。



ずっと言葉を投げ掛けていますと女性、

「なに言ってるか聞こえない」



これはショックでした。

声量の調整が難しいのです。

人がかなり密集していて

ケイタイとイヤホンで対策されると

ちょうどいい声量がわかりません。



女性は、

あなた無駄なことしてますよ、

と親切心に口を開いてくれた、

というわけです。



で、口を開いてくれたら早速連れ出しを打診。

もう改札に近いところまで来ていたので

取りあえず離れる方向にしていく。



ここで

あそこに見えるあのカフェ行きましょ、

でも満員だったら諦めます、だったら

確率低いからカフェまで行ってもよくない?



と最近思いついた声かけで移動させる。

でやっぱりカフェは満員でしたので



じゃ自販機へ、



ということで自販機連れ出し。

で、私が飲み終わる頃に女性、



もう行ってもいい?



と言ってきたので、

まあまあまあ、となだめる。



そしてダメ元で手繋ぎを打診。

すると手を繋いでくれる。し、

肩も短時間ですが、抱かせてくれる。

あれ??



あなた言ってることと行動が

逆じゃないですか。



な女性のようでしたのでこれはもう

ホテルへ行くしかない。



しかしまだまだ食いつき不足だと

感じたのでギラつける個室へと連れていく。



すると女性、待ち合わせ相手に

遅れる、と連絡をしている。



しかしそう時間はない。

久しぶりに会う友達のようでしたので

キャンセルさせるのは難しそう。



でも30分もあれば十分だ。



ということでガンガン手を出して行く。

するともうあと一歩のところで

チャラくないとゴネられタイムアップ。



しかしまだ終わらん。



個室を出た後に再び

ホテルへと歩いていく。



ここを曲がれば到着、というところで

綱引きで負けてしまう。



で、違う方角からホテルへ再度行こうと

また歩き出したときに、曲がり角で女性が、



ホテル行くなら帰る



というのでこちらから手繋ぎを切ると

女性はまた手を繋いでこようとした。



もう遅い。



ホテルに行く気もないのに

この私を手に入れられると思うなよ?



ということで連絡先も聞かずに解散。



個室内であと一歩届かなかった点は、

しっかりと反省します。





<連絡先入手>



先週は活動できていなかった分、

体の余計な脂肪を燃焼させようと

ずっと歩き回っていました。



でもさすがに帰りのバスに乗る前に

何か食べた方がいいかと思いメシを食う。



バス発車までの少しの時間、

疲労した足の最後のエネルギーを振り絞って

駅構内を歩き回る。



すると待ち合わせ女性を発見、

声をかける。



シカトもなく、普通に話できて

連絡先を交換。まあ、後々約束を

取りつけてもいいかなという女性でした。



<他のナンパ師>



私が声をかけようと判断し、

Uターンした瞬間に、いつの間にかいた

ナンパ師に先を越されました。



少し距離を置いて後からついていく。

ハイエナ的声かけで連れ出してやる、

という強気の気持ち。



見ていると連絡先交換して解散していました。

あまいな。



で、解散したようなのでつけていくと

さらに別の男が声をかけている。



その男は失敗したようで

すぐに諦めていました。



で、ようやく私が声をかける。

しかし女性はこれから仕事で、

しかも自分が経営をしている仕事のようでしたので



連れ出すのは悪いかな、と思い解散。

良さそうな体つきでしたが

近くで見るとまあまあでしたので

連絡先は聞かず。



都会の活動では

普通の女性と約束を取りつけるなら

声かけに時間を割く。



と最近決めていますので

ラインを打診することが少なくなりました。



あくまでも即日志向でいきます。



<嗅覚>



活動前半、自分には良い女性を引き当てる

運や嗅覚のようなものがないのか?

などと気分が落ち気味でしたが、



いやそんなことはない、

自分がしっかり周りを見ていないだけだ、

と言い聞かせて歩いていると

今日イチバンの女性を発見。



無視もなく、話してはくれましたが

連れ出しも連絡先入手もできず。



その瞬間、日々の無駄に過ごしてしまった時間について思いが巡る。



もう少し座学していれば。





まあ、少しずつ無駄を

なくしていこうと思います。

この無駄をなくすことで

座学の時間も睡眠時間も確保できます。





<良かった点>

・女性の言葉に惑わされず、行動を見て食いつきを判断できたこと。

・普段と違う場所も歩くように心がけたこと。

・ガンガンギラついたこと。

・久しぶりにギラつける個室に連れ出したこと。





<向上点>

もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?

・滑舌の悪さ、声量の不足。ボイストレーニングもまた少しずつ再開し、無視を崩すためのセリフも強化していきたい。

・1ギラつき1フレーズではイカン。間や沈黙ができたり同じフレーズを何回か使っていた。

・自分のをコンニチハさせるのを忘れていたこと。



<ラッキーしか拾えていない>



今回話してくれたり

相手してくれた女性は、

最初から食いつきがまあまああった、

という感触しか感じない。



的確に食いつきを上げていけるように

また座学したり、今回の自分の音声を

振り返っていきます。

晴れてきました

ストリート

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から約3時間半の活動、約15声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先0。

 

 

<連れ出し>

 

歩いている女性に声かけ。

予定まで時間があるということで

とりあえず連れ出しを打診し、

とにかくそこへ向かわせる。

 

連れ出し先へと歩いていく中で

女性から不必要な情報の開示あり。

 

これは、、

 

高い確率で手に入れられそう。

しかし早速直接ホテルを打診するも拒否。

 

まあ当然か、とも思い店へと入る。

途中では食いつきサインあり。

 

だと思っていたが結果的に

連絡先さえも入手できていないので

実は食いつき判定をミスしている可能性がある。

 

またここは音声の確認し直しです。

 

 

<良かった点>


・声かけの調子が戻ってきたこと。

・女性に高い要求を行ったこと。

 

<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・女性を発見してから声をかけるまでの時間が長い。

 女性が自分を認識してから随分時間がたっている。


・女性が低反応のときにボソボソ声になっている。


・食いつき判定を正確にする必要あるので音声聞き直す。

 


<流れが変わったと思います>


かわいくて好みの女性も、

かわいいには少し足りないが好みの女性もいて

久しぶりに楽しく声かけができたと思っています。


天気は良いほうが当然良いですね。

 

あとは

1回うまくいかなかったからといって、

1日うまくいかなかったからといって、


自分はダメな男だと思わないように

楽しんで活動していこうと思います。

 

気晴らし しよう

ストリート

 

都会に遠征に行ってきました。

3週連続の雨。活動日だけ雨だなんて、

雨男か?と疑いたくなります。

 

でも一番いけないのは、

雨だからといって活動を先のばしにすることです。

先のばしするようになったら終わり。

何も手に入れられなくなる。

 

<結果>


昼前から約9時間の活動、約7声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連続先0。

 

 

<連れ出し>

 

前回は外国人女性だったので

連れ出しのうちに入らないと思っていますが、

今回は日本人女性を連れ出しできたので

少し安心しています。

 

昼メシにカツ丼を食べると

退店後すぐにちょいポチャな女性を発見。

これぞ引き寄せの法則

 

ギラつける個室まではかなり遠いので

カフェへと連れ出す。

 

カフェではうまく女性に

たくさん話して頂くことができました。

カフェ退店後に時間あるか聞くと、

数時間ある、とのこと。

 


うむ、ちょうどいい。

 

でホテルへと歩き出す。女性の話が

盛り上げやすい内容だったので

うまくホテルまで歩いて誘導できました。

しかし入り口での拒否となり、終わりました。

 

<泣いている女性>


歩いていると、

泣きながら歩いている女性を発見。

面倒そうなので声かけは行わず。

 

・・というよりは

好みではなかったので興味が湧かず。

そこそこ悪くはないのだけれども。

イカンイカン。

 


<良かった点>


◎女性の話を多く引き出せたこと。

○雨でも先のばししなかったこと、風邪が治ったこと。

  →前回の活動で外にこだわり、雨で風邪ひきました泣


<向上点>


もし声かけ前に戻れるとしたら何をするか?


・女性をもっと好きになる

 →もっと声かけしたい。


・つっこんで頂けるように、

 隙をつくる言葉の準備を行う。

 

<久しぶりに>


お隣の県でも活動してみようかなと感じました。

この、いつもの都会は女性は多いけれども

最近どうも好きになれる女性がいない・・

雨ばかりだから総数が少ない??

活動エリアが悪いかもしれないけれど。

 

他県や地元での活動が気晴らしになれば

またこの都会の街でも楽しみながら

声かけできるようになると思いますので

勢いを取り戻していこうと思います。