鉄人(てつじん)の感情むき出しナンパブログ

30代半ばのド田舎住まいが各地で路上婚活します

エネルギーを消費するもの

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>


昼すぎから6時間の活動、17声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。





<声かけ>


趣味のイベントに行っていたので

昼から繁華街に戻ってきて声かけ。



口は開いてくれるが、

これから待ち合わせが半分、

残り半分は低反応と完全無視だ。





天候は悪めですが、傘で

シャットアウトされることは

あまり無かったような。



タイミング見計らいからの

見逃しを最初のほうに何度か

してしまい、



目標女性と、その周囲の人間との

関係性を読むのに時間を要して

見逃したり、といったことが続き、



後半になってくるにつれ、

声かける気が無くなって

きているのを感じました。



連れ出すことができないまま、

歩き回って歩数が限度を超えたので

終了しました。



※歩きすぎるとケツにくる。

 

数日前に自宅で慌てて

膝を痛打していたのですが、

活動日までにほぼ回復して、

満足に歩くことができたのは◎でした。





<連絡先交換>


私在住県のお隣の県の女性と。

出張で来ていたとのこと。



うーん、隣ですが

この県に行くよりは

この都会に来るほうが楽なので

また都会で合流できれば

という感じですね。




<良かった点>


声かけ数を増やそうと努めました。



10分に1回、

というペースを崩さないように

しようと思っていたものの、



10分以上時間があいてしまったのが

5、6回はありました。



そしてこの間、確実に

たくさんの女性を見逃していました。



??



年々、見逃し数が増えてきているか?

これはマズいぞ、、

情熱と勢いは落としてはならない。





<向上点>


低反応と無視崩しに弱い。

言葉が決まったものしか出てこず、

女性に特化したフレーズが

全然出てきていない。



ファッション指摘、

行く方向の指摘、

表情指摘など、



女性軸の言葉をひとつずつでも

取り入れていけるように

する必要があります。



あとは低反応と完全無視対応に

思ったよりエネルギーを

消費しているような気がする。



無意識に女性指摘できるように

声かけに慣れなければと思います。




<雨天時にも強い?>


雨が降ると傘を持って歩かないと

いけなかったり、濡れたりして

うっとうしいかもしれませんが、



個人的には雨だというだけで

テンションはそんなに

下がってはいないと思います、

ここが私のすばらしいところ。



エネルギーの消費はあくまで

低反応と完全無視によるもの。



ここをしっかり対応できるようにし、

長く活動していられるように

したいところです。

マスク不要

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>


昼前から7時間の活動、22声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先2。





<声かけ>


先週は新型ウイルスに恐怖して

遠征を控えましたが、

この街のナンパ師の方より、



マスクしている人は多いが

普段と変わらない、



と教えてくれたので

出撃することにしました。




個人的にはおそらく、

アレを食べておけば防げるだろう、

と思っていましたが、



ここは後に先生と同じ答え

であることがわかったので

安心して上陸することができました。




前回は最新のルックスで

4時間ほどの活動で

3声かけしかできなかったため、



今は声かけ数を

増やすことが大切なので

今回は旧ルックスで活動しました。




こちらはこちらで悪くはなく、

自分の勢いやテンションを

高いままキープすることができるので

これまでに近い感じの結果となりました。




<連絡先交換>


そこそこの女性に声かけ。

友達と合流するとのことでしたが、

ゴネられながらも何とか

連絡先交換することができました。



唐突にファッションを褒めてくれ、

意外と嬉しかったです。





<連れ出し>


歩いている女性に声かけ。

遥か彼方の地から

友人に会いに来ているとのこと。



会うまで時間が少しあるとのことで

手を出せる個室へと連れ出し。

かなり気に入ってくれてたのか、

ここは全くゴネられませんでした。




しかし時間がない!

入室時点で残り15分、結局は

手に触れるくらいまでしか

攻めることができませんでした。





<良かった点>


何より大切なのは、

街に上陸したことだと思います。



来ない理由なんてたくさん

挙げることができます。



自分は寒さには耐えられるが

一般的に女性は

寒いから街にあまり来ないだろう、

来たとしても、最低限の用事しか

しに来ないから時間は無いだろう、



自分は健康に自信があっても

普通の女性は

ウイルス対策として無駄な外出は

しないだろう、などなど。



それが良い意味で

裏切られて良かったです。


まあ、抱きには

つながってはいないのですが。



あとは短時間であっても

個室へ連れ出すことができたこと

だと思います。



かなり久しぶりだったので

良い刺激になったと思います。




<向上点>


この日のNo.1, 2を

声かけのタイミング見計らい中に

邪魔が入り見逃してしまったこと。



周囲に人が隣接しているような場面での

対待ち合わせ声かけだったり、



あとは判断が遅れて店に入られたり。



声かけは少しでも期間があいてしまうと

個人的には飛び込んでいけなくなる

傾向があるような気がします。




<夕方以降>


他の都市で活動されている

ナンパ師の方から、いきなり



街に来ている



と連絡があり、合流

することにしました。



その方とすれ違う瞬間、

魂が抜けているような

放心状態の表情をされていました。



これは何かあったに違いない!



手を振ってこちらに気づいてもらい

合流しました。



デートを取り付けて

わざわざ来たとのことでしたが



予想に反して良くはなく

気持ちが高揚しなかった、

とのことでして、



その後は雑談をしつつ

徘徊しながら少し声かけをし、

一緒に食い倒れました。



また街に来たくなるような

一日だったと思いますが、

まずは1人でも抱けるように

心技体高めていこうと思います。

週はじめから・・


鉄人です。

地元で婚活パーティーに参加してきました。

 


<結果>


連絡先2(女1、男1)

 

 

<早く着いたので>


数日前に、前回一緒にパーティー

参加した同僚より誘いがあり、

週はじめから参加してきました。

 

個人的にはこういうの好きです。

週はじめでイヤイヤ仕事している連中が

たくさんいる中、まさかの出撃。

 


街に早く着いてしまったので

我慢できずに声掛けをしてしまいました。

 

2人に声をかけ、どちらも

3~5分ほど立ち雑談をすることが

できました。

 

どちらも笑顔ではありましたが

連絡先交換のタイミングになると

「いや、いいです」

 

と拒否。現在のルックスは

異様っちゃ異様ですので

トークをしっかりしないと

ルックス推しでは返り討ちに遭うだけです。

 

今までよりもさらに

トークに磨きをかけなければ

いけないという点で


良いきっかけと捉えて

トークの学習に励みます。

 

立ち雑談はできた。

あと一歩で連れ出しだ。

 

 

<パーティー


この街にこんなに若そうな女性が

集結してくるなんて・・

会場に入ったとき、悲しくなりました。

もっと街に出てきてよ。

 

業者がする通常のパーティですと

手遅れ一歩手前みたいな女性しか

見かけないですが、

 

人づてに聞いたパーティー

活気があって若いこも来て

全然楽しさが違うという印象です。

 


相方と、また見知らぬ男の3人で

同じテーブルにつきました。


女性も各テーブルに2~3人ずつ

座っていました。

 

そして前半からいきなりの

フリータイム。


前に座っている女性に

話しかけなければ失礼かと思い、

相方がちょうどその女性の一人を

気に入っていたので


まあ良いかと思い雑談を続ける。

 

途中で司会から我々のグループは

席を交代しろと言われ、


別の女性の席へ移動。

初回よりも少々かわいくないのと

ぽちゃすぎる女性と。


相方は爆発的にテンションが

下がっているようでしたが

私は淡々と話しを続ける。


そしてゲームをし、

カップリング発表して終了。


フリータイムで席移動できなすぎ・・

目の前の女性の相手しないと気の毒とか

余計なこと考えて目当ての女性には

行けませんでしたが、

 

途中で料理を取りに行くときに

話しかけてくれる女性が二人ほどいて

 

ちょうどその女性の連れを狙っていたので

パーティー終了後に声をかけにいって

何とか連絡先交換することができました。

 


しかし、おそらく相方が目当てだったことは

相方は連絡先交換できていないので

フォローできなかったのがいけなかった点です。


常に3人組で移動していたようで

相方には声かけがきつかったと思います、

そこは私が突撃してきっかけを

作ってあげるべきでした。

 

私は私で飢えているので

自分の欲を満たしに目標女性めがけて

まっしぐらになってしまいました。

 

こういうパーティーでは

同席した女性をずっと

楽しませなきゃいけないと

情が湧いてしまいます。

 

オクテの男とかにも

悪いなと思ってしまって

勢いよく行けなく

なってしまいそうです。

 

しかしそこは

「我がために死ねい」マインドで

手に入れに行くのも良いのでは

ないかと感じています。

 

世界は弱肉強食、今までたくさん

良い女を逃がしてきました。

(手に入れていないものは記憶に残る)


10年前に今回の会場近くの店で

自分がカップリング成立して

ぬか喜びの祝杯を挙げている最中に

 

その女がパーティ参加していた別の男に

連れていかれるのを茫然と見ていた記憶が

いま再び蘇りました。

 

きれいごとは言わず

まずは自分の欲望を満たせ・・!

 


<良かった点>


・ストリートで立ち雑談できたこと


・好みの女から何とか連絡先を入手できたこと

 


<向上点>


パーティ中に相方ともっと作戦会議をして

相方好みの女性を手に入れに行く方法を

真剣に考えれば良かった。

 

つい目の前の女性であったり

自分好みの女性の動きを追ってしまった。

 

 

<リハビリ成功?>


今回は繁華街に着くまでの間、

声かけ音声のシャドウイングをしながら

向かいました。


おかげで声かけはよくできた方

なのかもしれません。


しかし途中で何喋って良いか

詰まってしまう部分も多く、


声かけ、カフェトークは両輪

どちらも同時に強化していかなければと

感じました。

 

あとは相方のフォローも忘れずに。

自分勝手になりすぎないように。


地元は地元で楽しいものですね。

 

散歩するだけで終わった

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>



昼前から9時間の活動、21声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。





<声かけ>



前回に引き続き、

今のルックスになれるための

リハビリ活動です。



しかし上陸してしばらくは

前回より良い女性を

見かける頻度が少ない気がする。



これまでの状態なら

声かけていた女性を5人以上は

見逃してしまった。



やはり私自身が目立つと

自分で思ってしまっている部分が

あるのか、



店に入る直前の女性や、

正面から来る女性に対しての

声かけができていない。



前回は声かけ数が少なかったからか

正しい反応を見極められなかった

のだろうか。



あまり声かけ

できていないので

何とも言えないですが、



並み女性の反応が悪くなり、

上位層の反応が良くなっているのか?



対象範囲が狭まったような。



まだまだ検証してみないと

わからないです。



今回は声が腹の底から

出せなかったり



歩いて歩いて歩いて

ようやく見つけた女性を

追い抜き声かけして



人混みなので女性が

私を避ける方向に速度を

落としていくと



私も慣性からその動きに

追従できなかったりと



これまでと全く同じように

声かけができていないです。



夕方くらいから

通常くらいまで女性の数が

戻ってきたかな?という感じで



その時にはもう体力切れ。

連れ出しが一度でもできていると

また体力気力も高いまま

活動を続けられるのでしょうが、



連れ出すまでは

歩き続けると決めて

連れ出せないまま



帰りのバスの時間が

来てしまいました。





<良かった点>



前日から当日起きるまでの間、

恐ろしく気持ちが低下

していたものの、



都会に来て歩けば何かが起こり

気分転換になると思って



街に上陸したこと。



・前回よりも多く声かけ

 することができました。





<向上点>



・正面声かけの練習を行う。



・店に入りかけの女性を諦めない。



・腹の底から声を出して

 パワーを感じさせてやる。







<初心を思い出す>



待ち合わせ相手が来るまでの間、

立ち雑談をしてくれる女性がいたり



声かけると笑ってくれる女性が

いたので、



悪くなってはいないはず。



むしろ、普段のちょっと

調子が悪いくらいの結果。



もっともっとできるはずだ。



次は都会を散歩するだけで

終わらせません。

ファッション変更


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 


<結果>


昼前から9時間の活動、8声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

 

<ファッションを大幅に変える>


年末に先生よりご指摘を頂き、

ルックスの一部を変更しました。

※整形ではございません。

 

ここ数年、やろうと思っていたものの

心理的抵抗があったので

どうしてもできなかったですが

背中を押して頂いた形になります。

 

ほんの些細な部分の変更になりますが、

印象は全然違ってきます。

 

●一般人が自分から避けていく


→「そのスピードと速さで歩けば

  他の一般人にぶつかるでしょ」

 て歩き方する人がかなり多かったですが

 そう感じることはほぼありませんでした。

 危険人物と思われているのか

 個人的には都会を歩きやすくなり

 少しラクになりました笑

 


●女性が笑ってくれることが増えた


→検証数が少ないのでまだ見極められて

 いない部分もありますが、

 女性が普通に話してくれていると

 感じられました。


 完全な無視はほぼなく、キャッチ感を

 消すことができていそうです。 
 

 

●女性と目が合うことが少なくなった


→これまでは1日でも5回以上は

 女性がこちらを見てきていると感じましたが

 それももっと少なくなりました。

 
 個人的には目立つかな?と思っていましたが

 意外と周囲に溶け込めていると感じました。


 声をかけられるとインパクト大だと思いますが、

 その時以外は印象に残りにくくなっているので

 「アイツまたいるぞ」と思われにくくなり

 これも良い傾向だと思います。

 

 


<声かけ>


肝心の声かけですが、

あまり声かけできませんでした。


好みの女性がこの日は少ないと

感じたのもありましたが、


私自身、女性を見ても

「飾りものとしてはかわいいかな」

程度にしか思わないことが多く

「抱きたい、」と感じることが

少なかったです。

※よろしくない傾向。

 


位置関係や好み的に

声かけておかなければいけない

女性には声かけましたので

後悔はありませんでした。

 

女性の笑いがこちらに魅力を

感じる笑いに変えていけるように

声かけ数を少しずつ増やし

今の自分に慣れていきたいと思います。

 

 


<良かった点>


●「目立って人から覚えられてしまう

  のではないか?」


という恐怖を少し克服できたこと。


●好みの女性には声をかけたこと。

 


<向上点>


●声掛け数が少ない


●カフェトークを改善するための指摘
 
 「質問事項を覚える」

 という作業を日々の習慣にほぼ

 取り入れていなかったこと。


→これもなぜか脳がすごく拒否していて

 できなかったことですので

 少ない時間からでも日々取り入れて

 習慣づけていこうと思います。 

 


<今年初の活動を終えてみて>


今回の出撃は新ファッションの

様子見のつもりで歩きましたが、


良い女性を見ればそれを忘れて

声をかけに行ってしまいました。

 


期間が空いても

魂は死んでいなかったです。

 


昨年からちょいちょい

心理的な壁を超えることを

行ってきていますので

 

今年こそは長年の目標

「1日に2人を抱く」を

達成できそうな気がしています。

 

年末の締めくくり活動


鉄人です。

年末活動してきました。

 


<1日目 結果>


都会に遠征に行きました。

昼前から9時間の活動、約20声かけ。

抱いた数0、連れ出し2、連絡先3。

 

 

<2日目 結果>


翌日は地元での活動です。

合コンパーティー:連絡先2


その後はストリートです。

夜2時間の活動、約10声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。

 

 

 

<3日目 結果>


さらに次の日はまた

都会へ遠征に行ってきました。


昼前から8時間の活動、20声かけ。

抱いた数0、連れ出し3、連絡先1。

 

 

 

<連れ出し1人目>


最初の活動日。

午後だったかと思いますが

とりあえずは声かけ数を増やしたく

抱けるギリギリまでレベルを落として

声かけをしていました。

 

するとヒマそうに

歩いている女性を見つけたので

声をかけてカフェへ。

 


女性は仕事上出会いが無く

引きこもりがちのようで

声かけてくれたことがうれしそう

ではありました。

 


こちらが何を話そうか

考えていると間を埋めてきたり

食いつきもありそうでしたので


退店後にホテルへ誘おうとしますと・・


やはり女性の予定まで

20分も無かったためか、

食いつき不足もありゴネられて

しまいました。

 

「また今度、」


とか言ってきたので


「今度は無いんでしょ」


というと連絡先を聞かれましたが・・

なんといつまでも未読スルー・・


友人にやめとけと言われたのか、

・・まあ良いです。

 

 

<連れ出し2人目>


初日の夕方くらいだったと思います、

超人混みの中で女性に声かけ。


反応は悪かったが、

なんとか連れ出すことができた。


これは打診の連続にならずに

女性軸の会話で少しだけ

楽しませることができたからだと思います。


しかし連れ出してからは

女性にささるトークがわからず、

盛り上げきれないまま終わる。


女性には40分くらい時間は

残っていたはずでしたが、

そんなに好みではなかったので

こちらもムキにならず。

 

ただ、この街での

ナンパ慣れした女性を

連れ出すことができて良かったです。

 

 

<合コン>


都会から帰ってきた翌日に

とある地元の繁華街のお店主催の

合コンパーティーに参加しました。

 

合コンパーティーといいますと、

1対1でテーブル回っていくタイプが

主流だとは思いますが、

 

2~3人組で回っていくタイプに

なるだろうとの事前情報でした。

 

ところが。

 

なんと女性は1組、つまり2人のみで

男側は前回一緒に参加した同僚と

全く未知の人で構成された3人、

 

つまり普通の3対2の

合コンのような形式になってしまいました。


未知の男は私より少し年上。

私や相方のほうがシュッとしています。

 

しかし女性への質問スピードが

私や相方よりも早い!

私は普通より少し遅いくらいなので

そこで先手を取られてしまう。

 

だがそのあたりはやはりシロウトか、

全く感情の動かない質問ばかりしていて

私はそれを見て昔の自分を

思い出したりしていました・・

 

一方、女性のほうはなんと

どちらもJDくらいの年齢、

 

しかもストリートであれば

まあ声かけに行くかなというレベル。

ありえない展開でした。

 

こういうのに参加する女性は

20後半くらいからの

ややこじらせている女が多い

感がございますが、

 

そういった気配は無さそうで

初参加と言っていました。

 

なので・・

 

相方と未知の男は

ベタ惚れ気味のベタ褒め・・

 

になっていました。

合コンパーティーにしか参加していないと

そりゃそうなってしまいますよ・・

 

一方私のほうは都会への遠征で

良い女性を普段からたくさん見ていますので

まったく心も揺れず普通に

女性軸の質問ができて

話すことができていたと思います。

 

終了間際に連絡先を交換後、

2人の女性はバイトと予定がある、

とのことで、そこで解散となりました。

 

私は相方にそのかわいいほうの

女性を譲ろうと思っていましたが、


ふとお礼メッセージくらいは

打っておこうかと思ってしまい、

女性に送りますと、

 

まあまあ反応が良さそうな

返事が来ました・・

もし、会うことになってしまったら

相方に非常に申し訳ない;

 


<コンビで活動>


その後は地元繁華街で

相方とコンビで活動することになりました。

 

しかし相方は乗り気ではないようでした。

パーティー終了が一般人がこれから

飲みに行くような時間でしたので、

 

そこに声かけるのはちょっと・・

 

という感じの諦めムードでした。

案の定、前回よりも低反応が続いて

何も手に入れられないまま

雨が降ってきたので

相方は先に帰ってしまいました・・

 

相方の打診が早すぎて

私がそれをフォローしきれず

一気に食いつきが落ちていく

というパターンでした。

 

うーん・・無理だと

決めつけすぎのような気が;

まあ普通これから飲み会の女に

対してはそう考えてしまいますが

 

私は普通の週末は

朝っぱらから都会で活動するので

まったく何も思いませんでした・・

 


<都会にいそうな女性>


しかし地元の繁華街は、

普段都会にいる女性が

帰ってきているのかと思うくらい


普段見かけないような女性を

多々見かけました。

 

そんな中、とあるかわいめの女性に

声をかけに行きますと・・

 

雨が降り始めだったこともあり、

私と目が合うや否や

いきなりフードかぶって

下を向いたまま無視してきました。

 

絶対都会の女だろ・・・

 

私を見ただけで

まだ別に何もしていないのに

直ちに無視態勢に入るとは

失礼極まりない。

 

そして私がその女性の無視を

崩した瞬間、女性は

「彼氏いるので」と

無理やり横断歩道を渡って

逃げていきました。追わず。

 

 

<連れ出し3人目>


地元で活動した翌日にも

都会で予定があり、また都会に行きました。

 

そこでとあるオタク風の女性へ声かけ。


カフェはゴネられましたが

自販機は了承してくれました。

 

女性はやはりオタクで

女性な好きなアニメと格闘を

以前よく見ていたことがあり

少しはトークすることができました。


ド〇ゴン〇ールの〇ッコロが

好きだと言っていて

「誠実なところが良い」

と言っていたのと


「一般人とは恋愛はしない」


と最後にゴネられたところから


過去に男にひどく傷つけられた

可能性があったのではないか、

ということに

かなり後になって気づきました。


女性の興味のあるものに対して

自分も興味ありますよ、

というのを普通に伝えてしまったことが

平凡な男に映ってしまっていたのかも

しれません・・

 

オタク風の女のややダサい恰好が

私は逆にそそったりしますので

わりと くやしかったです。

 

 

<連れ出し4人目>


その後で普通に歩いている女性を

声かけたところ。


予定まで時間がなく、

これまた自販機ならOKとのことで

飲み物を買って雑談しようと

しましたが、2分くらいで

 

「もう連絡来たので」


と一瞬で帰られてしまいました。

 

 

<連れ出し5人目>


最終日の3人目の連れ出しですね。

この女性も飲み会まで

30分くらいあるとのことで

カフェへと連れ出ししました。

 

この女性は隣の県から

来ているようで久しぶりに

友人と会うとのことでした。

 

なので女性を遅刻させてしまうのは

悪いのではないか、

としょうもない善意が出てきてしまい、

早めに切り上げて連絡先交換して

解散しました。

 

しかし返事は来ず。

 

隣の県言うても私のほうが

もっと遠いところから来ているのに

何を善人になっているのか。

図々しさをもう少し出していこうと思います。

 

 

<良かった点>


●普段無意識に避けているような

  女性にも声かけしていったこと。

 

  声をかけられないのは

  声をかけないという決断を自分が

  下してしてしまっているということ。


  そしてそれは1歩、また1歩と

  目標から遠のいていってしまっている、

  ということ。

 

 という考え方を終始、

 頭から離さずに歩きまわって

 いたからだと思います。

 

●カフェ打診を遅らせることを

   意識できたこと。

 

●両日ともに100点目指して

  声かけ数を増やそうとしたところ。

 

  ※声かけ1点、連絡先10点、

   連れ出し30点、抱き100点

 


<向上点> 


カフェトークでどういう

質問をしていくか

再確認と準備を行う。

 


<2019年総括>


数年、同じ失敗を

繰り返していた感があり、

危機感でようやく

ケツに火が付き始めました。

 

また、健康面に力を入れていたので

このラスト連日の活動にも

そこまで疲労なく活動することができ、

その点は成長できたと思います。

 

 

最後に、できなかった部分ばかりに

目を向けるのではなく、

今自分が持っているものや

 

手に入れることが

できたものについて感謝しつつ、

良い気分で新年を迎えたいと思います。

 

またコテンパンにやられてきました

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>

昼前から9時間の活動、15声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先1。





<連絡先交換>



都会に上陸後、

エステに行くまでのわずかの時間に

めずらしい女性を発見したので

声かけ。



めずらしいというのは、

この都会の活動エリアでは

あまり見かけないような

清純?というかスレてないような

雰囲気の女性だ。



最近あまりしていなかった、

対待ち合わせ声かけにて

ほんの少しだけ話し、

連絡先を交換して立ち去りました。



良い女性は午前中にも

わりと見かけますので、

午前中の活動もバカには

できんのだ。



<その他、声かけ>



その後はコテンパン。

低反応の連続です。



キャッチちゃう言うてるのに。



もうちょい笑顔を増やして

深刻な表情で声かけしないように

気をつけます。



また、見送りも多かったです。



人口密度の非常に高い場所を

よく歩いていましたので、

周囲の人の連れかどうかを

見極めるのに時間をかけて、

男が入りにくい店に入られてしまったり、



改札に入られてしまうような



見送りが多かったです。

5回以上はあったかもです。







<良かった点>



ファッション指摘することを

意識し、2回くらいできた。

だがまだ全然少ない。足りない。





また、普段無視してくる可能性が

高そうな女性が口を開いてくれたり。



活動後半に差し掛かる前に

早めに仮眠を取り入れて

調子の良い状態でいる時間帯を

長くしようと努めたこと。



<向上点>



行きのバスでティッシュ

置き忘れてしまった、

抜けている、、



眠りに落ちる可能性が高くて

頭が回らないことはわかっているので

後でバッグに入れようとか思わずに

先にバッグに入れてから眠る。

忘れ物するなんて詰めが甘すぎるわ。





無視をしてきそうな女性を

無意識に避けている傾向が

あると思う。



これでは同じことの繰り返し、

声をかけに行く。







活動終盤、誘惑に負けて

先にメシに行って

貴重な活動時間を

削ってはいけない。



活動最後にカフェでくつろぎながら

記事を更新するの不要。

水だけ買って最後まで活動しろ。

自分へのご褒美をあげるのは

まだ早い。



<久しぶりに雨でした>



まあしかしこの雨の寒さの中、

よくがんばったのではないかと

思います。



傘さしながらわざわざ

声かけるためにウロウロするなんて

バカだと思いますが、

それもまた良い、確実に強く

なっている気がします。笑



また、上陸します。