鉄人(てつじん)のナンパブログ

30代半ばのド田舎住まい。

食う寝る食う

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>

7時間の活動、12声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。



<声かけ>

今回は最悪です。

なかなか自分好みの女性を

見つけられず、ひたすら

歩き回り体力を消耗。



今回に限ったことではないですが

女性に対する情熱が薄れ気味です。



女のことが嫌いになった?



確かにこの街の女性は

まあまあかわいいのが多いですが

何か物足りない、、



何が足りないのかはわからない。

私が悪いのかもしれない、



女のメイクが気に入らないのか?

だったら、活動する街を変えるか?



うーん、、



で、結局は



食う → 少し声かけ →

寝る → 少し声かけ → 食う



という、気の抜けた活動。



途中でどうしても

パンを食べたくなって

チョコを織り込んだパンを

いくつか食べました、



私はパンが好きでして

しばらく普通のパンも

甘ったるいパンも

食べていなかったので



ここで感激して

泣きそうになりました、

チョコのパンうますぎる!!



その後は

気力が通常プラスαまで

回復できたので



自分を回復させる

方法のひとつがわかって

よかったと思っています。





<連絡先入手>



ギャバ嬢の名刺だけだーー

こんなの、

何でもないではないか!



何やってんだ!!





<良かった点>



ない!!



平和ボケしている!!



執念が足りん!!




<向上点>


普通の女は流して

良い女に力を注ぐことです。





<年末>


気がつけばもう年末ですね。

今年はいまいちパッとしない結果で

泣きたくなりますが



何より大切な健康が向上して

これから明るい未来が訪れそうな

予感がしています。



来年さらに活躍できるように

今から準備していきます。

息抜き


鉄人です。

合コンに行ってきました。


<結果>


抱いた数0、グループ作成されたのみ。

 

<内容>


夏に他地域で活躍されているナンパ師の方、

および先生と連れだした女性と私が繋がっていたので

その女性から要望があって開催しました。


3-3です。


当時は、私に少し食いつきが

あったようでしたので

とりあえず連絡先を交換していました。

 

一方で、あまり

声かけ活動できていない後輩に

練習の場をあげようと思い、

後輩と後輩がよく話す同僚の3人で

臨みました。

 

開始前、私が店に到着するのと

同時刻に女性3人も到着したので

先に部屋に行ってもらいました。


そして遅れてくる後輩を放置し、

同僚(私はここで話すのが初めて)と

店の中に入りました。

 

対面。

 

う~ん・・・

 

幹事の女性が真ん中に座っていて

その女性は、まあフツーなのですが、

その両隣りがまあまあ

かわいらしくて気が強く、

将棋で言うところの「飛車」と「角」を

両脇に配置しているかのようでした。

 

・見た目強そうだが気も強そう


・見た目ユルそうだが気は強そう

 

という感じの二人の女性。

私は大丈夫でしたが、残りの2人は

この2人の女性にやや押され気味。

 

それに加えて

隣の個室のオッサン複数人の声が

やたらと大きく、

 

後輩と同僚の声はちょくちょく

かき消され気味で

3人みんなで男らしさを出していけませんでした。

 


私個人としましては、

場が冷めることなく、女性2人とかが

相手であってもうまくトークができたのでは

ないかと感じています。

 

<良かった点>


・場が冷めなかったこと。


・事前にナンパの音声のシャドウイングをして、

 口内炎の痛みを軽減させ、病み上がりゆえの

 テンションの低さをも軽減させたこと。 

 

<向上点>


・20半ばの女性陣に対して

 私の切り返しの中で、


 私:自分より若かったらいい

 女:若ければ若いほどいいの?

 私:いや、そういうわけじゃないけど・・


 などと、「もう少し若い女性が良い、」

 という意味に捉えられかねない返しをしてしまったこと。

 女性の返しから、

 若ければ若いほどいい、と私が本来思っていることを

 見透かされた気がしています。

 

・そこそこ女性も場を盛り上げてくれたのに

 女性に少しお金を出させてしまったこと。

 男性側の反感を恐れて「女性にはおごり」

 にできなかったこと。
 
 全部自分で出してもそこまで痛い出費では

 無かったのに判断を誤りました。

 

・作成されたグループに参加してこない女がいます・・

 

・体調が完全では無かったこと。

 今週、ルーティンを誤って食中毒で倒れていました。 

 その間は筋トレも解毒もできなかった上に

 舌の先に口内炎までまた発生して

 キツかったです。ここにできると

 話すときにマヌケな喋り方になるので

 明日からまた回復に力を入れ、体も絞っていきます。

 


<合コンもナンパと同じかも>


死ぬまでに1、2時間の時間があるだけで

終了後に容赦なく相手にされなかったりすると

ナンパとそんなに変わらないな、と感じました。

 

ナンパの技術向上はすべての恋愛の

原点にくるものかもしれません、

また街に出て声かけをします。

なんとか連れ出し


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>


9時間の活動、23声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先0。



<声かけ>


都会での活動は

今回、前回ともに無視、低反応の確率が

低下しているように感じます。



私にはやはりフォーマル寄りな

ファッションが良さそうです。



しかし今年は

全然といっていいほど抱けていませんので、

情熱を回復させないといけないかなと

感じています。



都会まで活動しに来る情熱はありますが

目が肥えてきていますので

女性を見てもそんなにワクワク

しなくなったと感じています。



そのあたりの情熱が

連れ出しに至っていない理由なのかも

しれません、、



それにしても女性、用事多すぎです。

もっともっと楽しませて

こちらに時間を割いてもらえるよう

また復習していきます。



<連れ出し>


歩いている女性へ声かけ、

そして、なんとか連れ出し。



カフェではあまり無駄なく

恋愛トークに持ち込めたと思いますが



ところどころで私がボケても、

女性は、いやいやいや、と

ツッコミを入れてくれない、、



最後、退店後に、

女性の予定まで1時間近く

ありましたので


時間をあけてくれるだろう、


と思っていましたが

新しい場所で道に迷うといけないから、

と帰られてしまいました、、



あーあ、、




<良かった点>


・無視が少なかったこと。

・終始明るい声かけを意識できたこと。

・何度か立ち止めを行うことを意識できたこと。



<向上点>


・連れ出しの打診をわりとすぐに

 行ってしまうことが多かったこと。


・休憩や食事を取ることが多かったこと。



<自分へのご褒美>


今回もまた、

大した成果が出せていないのに

最後に余計なものを食べてしまった。



ワッフルクリーム、担々麺、、



とくに最近は担々麺と麻婆豆腐を

いくらでも食べたい気分。

食べたときの満足感が何とも言えぬ。



新しい店に入るのは構わないが

同じ店に行かないようにしたい。


最近は行く店が固定でしたので、、

こういった些細なところでも

勇気が必要な方の選択を

していくように心がけたいです。



そして、自分へのご褒美は控える。

自分へのご褒美、とか言っている

女性を見るとイライラするくせに

自分に甘くてはいけない。

自分へのご褒美は、後からついてくる。

何も・・


鉄人です。

ストリートに行ってきました。

地元での活動です。

 

<結果>


70分の活動、0声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。

声かけれず2。

 

<声かけれず>


地元の駅前ではJKがたくさん、、

まず普段ならこの時間帯には

ほぼJKはいない。

 

しかしハロウィンメイクをして

数人で歩いているJKが何組かいました。

 

さすがにこれは

声掛けるのは気が引けますので

ベンチにいたフツーのJDに

声をかけようとしますと、


パッとしなさそうなので

声をかける気が起きず。

 

そしてベンチを立って

建物から出ようとしたときに

前方からそこそこかわいい女性が

歩いてくる。

 

そしてそれを

まるで興味がないかのように

すれ違い、やり過ごす・・

 

しまった・・まさかこのタイミングで

この日のベストの女性が現れるとは

思ってもいませんでした。

 

しかし追いかけて絶対に声をかけたい!

というほどでもなかったので追わず。

 

<もう帰る>


同じような人間が

同じ個所でたむろしていました。


ここは地元ですので

ずっとウロウロして顔を覚えられるわけには

いきませんので、帰ることにしました。

 


そして帰りは

ラーメン+チャーハン+ギョーザ


を爆食いしたわ。

せっかく野菜ジュースを飲んでから

(体に良いものを取り入れてから)

繁華街に上陸したというのに

 

何も達成していないのに

自分にご褒美をあげてしまいました・・最悪。

結局ただの気分転換な活動に

なってしまいました。

 

自分の欠点を潰していかなければ

いけないところを

ちょっとその周りの余計なことばかり

してしまって結局は改善できていないまま

活動してしまいました。

 

もう、「アホか」っていうくらい

やるべきことに手をつけず

他のことばかりしてしまっている・・


これもまた自分の弱点、なんとかします。

 

成長の確信を持って


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から8時間の活動、23声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先3。

 


<連れ出し未遂>


声掛けた女性を予定の場所まで案内した後、

女性に20分くらい時間がある、

ということでしたが、


最終目的地までやや遠く、

女性もそこまでかわいくはなかく

反応も微妙でしたので

面倒になり解散、

 

また別の女性は、

連れ出し打診をしてみますと

悪くはない反応でしたが、

 

ちょうど確定かというところで

別のナンパ師の方から連絡があり

合流しましたので連れ出さず。

 

うーん・・どんな女性でも

連れ出しておくべきでした。

場数をもっと踏まなければ。

 


<コンビ声かけ>


今回の声かけは

私はテンションがわりと高めでした。

 

今回初めて試す秋ファッションで

この街で自分が一番イケているという

ちょっとした自信が湧いてきていたような

感覚でして、明るい声かけができました。


他の都会で活躍されているナンパ師の方も

今回はこの街に遠征に来られていて

合流していたということもあり、


交互に声かけに行ったり

コンビで声かけを行ったりしていました。

 

そんな中、少しキツいめの見た目の

2人組の女性に声をかけに行きますと

なぜか悪くはない反応で

 

途中から相方を呼んで

トークを進めて連れ出し打診をしますと

拒否はされましたが、

ダメ元で連絡先交換を打診しますと、

 

そのキツいめの女性が2人とも同時に

バッグからケイタイを取り出して

両方と連絡先を交換することができました。

 

以前に3人組とのトーク途中で

5人増えた女性のうち3人から

連絡先を聞くことができたことがありましたが

 

それよりも高いレベルの女性2人組から

連絡先を聞くことができましたので

我ながら驚いていました。

 

といいましても、

後日連絡して返信無しでしたので結果、

大したことはありませんでしたが・・

 

少しは成長できているのかもしれません。

自分は確実に成長しているんだという

自信を持て!

 


<男>


顔の少し崩れた度合いが

なかなかソソる女性がおりまして


どうしようかと悩んでいましたところ、

相方が声をかけに行きました。

 

しまったーーー先に行けば良かった、

と思いながら相方のトーク

離れたところから見ていますと

女性は相方から逃げてこちらに歩いてきました。

 

そしてその時に

私は顔をじっくり見たのですが、

そのタイミングでその女性が

なんだか少し笑いました。

 

ん?なんかおかしい・・

 

女性の笑い方にしては変だ、

こんな笑い方をする女性は

見たことがない、

 

と思って、相方に確認してみますと。

それは男でした。

照れ笑い?をしているようでした。


ハロウィンも近いので

男が女性の仮装をしていたのでしょうか、

これが女だったら一撃食らわしたい

ところでした、残念・・。

 

 

<良かった点>


・無視が少なかったこと。

・明るい声かけができたこと。

・イライラしなかったこと。

 

<向上点>


まだまだ連れ出しが

線の流れにできていない、

連れ出し率は下がる一方だ・・

 

<ハロウィン>


恩恵にあずかろうと

思っていたわけではないですが、

時間帯が悪いのか、この街の女性には

ハロウィン感がありませんでした。

ということで?返り討ち。


今回明るい声かけができたことで

連れ出しがガンガンできるようになるまで

あと少しのところまで来ていると思いますので

自分は常に成長していると確信を持って

活動を続けていきます。

 

強気

鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。



<結果>


昼前から8時間の活動、20声かけ。

抱いた数0、連れ出し0、連絡先0。




<声かけ>


なんという結末だ。

今回の活動はひどい。



私なりに本気で活動したつもりが

立ち止めさえできず。



英語で言えばテリブル。



この私が

わざわざこの街に上陸して

声をかけてあげているというのに



予定を優先するのかーーーー



最後のほうの声かけで

しょうもない無視をしてきた女の後に



この街ではあまり見かけない県の

女性に声かけました。



笑顔ですれていなく

ちょっと感動してしまいました。

ありがとうございます、

とか言ってくれて。



ひどい対応をされても

その女より若くてかわいくて

反応の良い女性は必ずいる、

という理論、これは正しい。



ただ、立ち止めさえも

できませんでしたが。



この街からの、洗礼!!



<良かった点>


がんばって無視をたくさん崩したぞ。

しかも強気で拒否してくる女を

上回る強気で切り返し、

女性を笑わせたぞ。





<向上点>


・言葉のつながりが全然。

 線の流れになっていない。


・かわいいが好みのメイクではない

 女性に声かけをしていない。


・マ●ローの欲求を頼りにしすぎて

 疲れたらすぐ仮眠、すぐメシ食う、

 というダラけた活動が最近多い

 限界まで歩け、ただしおしりはだいじに



<実践は大切>


技術が頭に入っていなかったので

もっと引きこもって座学したかったですが



実践に出ることで

頭も舌も回るようになるので

実践の大切さを改めて

感じることができました。



少しずつでも

積み重ねられるように

活動続けたいです。

表面的


鉄人です。

都会に遠征に行ってきました。

 

<結果>


昼前から4時間の活動、5声かけ。

抱いた数0、連れ出し1、連絡先1。

 


<連絡先交換>


歩いている女性に声かけ、

これから美容院とのこと。


すぐに予約の時間が迫っているとのことで

連絡先交換を打診しますと、

意外とすんなり応じてくれました。


以降、返信も必ず来ていまして

向こうからの質問もあり、

盛り上がったというところで

次回のデートを打診しましたところ、

 

予定が入っていたのでどちらの日程も無理

 

で終了。

 

粘って粘って、どうしても・・

というほどの女性ではなかったので

今度連絡が来たら相手してあげても

いいかと思います。

 

その日の女、その日のうちに。

 


<連れ出し>


歩いている女性へ声かけ、

私が住んでいる県のお隣ということで

田舎ゆえの反応の良さ、

連れ出しにはあっさりと応じてくれました。

 

しかし、カフェでは序盤は

当たり障りのない話にばかり

なってしまい、どうトークすれば

深いところへ行けるか

必死に考えながら話していました。

 

終盤、何とか恋愛話に持ち込み、

カフェを退店、そこでハンドテストを試みる、

まずまずといったところ。

 

で、ホテルへ向かいますと、

ホテル入り口の前で半分笑顔でゴネられる。

 

言い出したら聞かない、というヤツ。

 

攻撃手段を出し尽くし、

どうしようもなくなったので

女性を送ろうとしましたところ、

女性が解散したいようでしたので解散。

 

うーん・・同じ失敗ばかり。

女性は色恋寄り、私は一回だけでいい、

思いはすれ違い、うまく行かず。

 


<良かった点>


声かけで無視が無かったこと。

 

<向上点>


・チャラい人間性を演出できるようにする


・言葉と言葉の表面的なやりとりではなく、

 テンションや性格(対女性にも、私も)に

 合わせたアプローチをしていく。

 


<クズになれ>


どうもマジメで大人しいところが

滲み出てしまう。


あいづちの打ち方、使うセリフ、

ボディランゲージ等すべて改善していく

必要があります。

 

時間がかかりますが

少しずつ振り返り向上させていきます。

 

・・・これじゃイカン、

こういうところがすでにマジメ、

次は絶対逃がさん!!!